あと107

第16回 プラチナアート大賞展 2023

締切
2023年03月27日 (月)
作品提出・応募締切、消印有効
●プラチナアート大賞(1点) 百貨店画廊展示販売会とヤマダ電機アートギャラリーでプロデビュー、賞状、日展会館での展示
●ホルベイン賞 絵筆
●ターレンスジャパン賞 絵の具
●バニーコルアート賞 絵の具
●マルマン賞 スケッチブック他複数
●最優秀賞
●優秀賞
●奨励賞
●佳作賞
●入選
※入賞者はヤマダ電機アートギャラリーにてプロデビュー、協賛各社の賞品あり(賞品名は予定)
※入選以上は、賞状、日展会館での展示
※入賞作品は、すべてインターネット上に掲載され、第一線で活動する画商からの講評付
募集内容
過去に公募展で未発表の平面作品
※テーマは不問、ただし著しく性的な作品、グロテスクな表現等、公序良俗に反する作品は不可
※著作権、肖像権、意匠権の侵害の恐れのない作品
※油彩・水彩・日本画・版画・パステル等
※レリーフ・コラージュは奥行き5cm以内なら可、厚さ7cm以内の額に入る作品
※イメージサイズが最大41×32cm(F6号)まで(これ以下ならどのサイズでも可)
提出物
●作品を写した写真
※プリント写真による
※写真サイズは2L版(キャビネ版)
※額等を除いたイメージ部分のみでなるべく精細なもの
※プリンタ使用の際は写真用光沢紙が望ましい
※写真裏面にD票(出品票)を作品の天地の向きに合わせて貼り付け
●出品申込書(公式ホームページよりダウンロード)
※申込書に本名記載必須
※応募作品3点以上はB・C・D票の必要数をコピーして使用すること
※A票への記入は1枚目のみで可
参加方法
提出物を下記提出先まで郵送
参加資格
日本国内からの応募に限る
※年齢、プロ・アマ不問
参加費
無し
※第一次審査通過者は、本審査料として作品1点につき1万円、1点増すごとに3000円プラス
※(税込)の表記がない場合総額については直接主催者にお問い合わせください
審査員
●審査委員長
辻 省三(毎日アートプランニング有限会社 代表取締役社長、プラチナアート協会 会長)
●審査員
山内和則(洋画家、独立美術協会 会員)
廣島 樹(日本画家、社団法人 日本画府副理事長)
内田博幸(洋画家、風子会委員)
協力画商各社代表
辻 瑞代(プラチナアート協会 理事長、毎日アートプランニング有限会社 取締役)
結果発表
2023年5月18日、入賞者のみ電話連絡するとともに、入選者以上を公式ホームページにて発表
著作権の扱い
応募作品の著作権は応募者に帰属、ただし、応募者は印刷物、公式サイト掲載、媒体へのリリース等、プラチナアート協会の広報活動のためプラチナアート協会に著作権を無償で許諾するものとする
受賞作品の占有使用権はプラチナアート協会の定めた受賞作品の出品展示販売会終了までプラチナアート協会に帰属
応募作品の画像専用使用権はプラチナアート協会に帰属
主催
プラチナアート協会
提出先・問合先

〒224-0029
神奈川県横浜市都筑区南山田1-3-10-510
プラチナアート協会 プラチナアート大賞展事務局 TR係
tel / fax : 045-620-7764