あと37

流山おおたかの森S・C グラフィックアワード2022

一言コメント
「平面グラフィック部門」「空間グラフィック部門」の2部門開催

「流山おおたかの森S・C グラフィックアワード」は、2019年よりスタートし、豊かな自然環境と都市の利便性を両立した「流山おおたかの森」を舞台に文化が芽吹く土壌を育てることを目指す、新しいまちづくりの取り組みです。
4年目を迎えた今回のテーマは「GROW UP」。
流山おおたかの森S・Cは2007年開業以来、大幅リニューアルや新館オープン等、進化を続けてまいりました。
本年は15周年の節目であり、「ANNEX2」「GREEN PATH」の開業をもってハード面の開発が一旦の完成を迎える年でもあります。
【これまでの“まちの成長”、このまちに住む“人々の成長”を振り返るとともに、“さらなる成長”を目指す】そんなメッセージを込めた、このまちの未来を後押しする作品をお待ちしております。

締切
2022年09月19日 (月)
作品提出・応募締切 23:59まで
【平面グラフィック部門】
●大賞(1点) 賞金20万円
●優秀賞(2点) 賞金5万円
●入選(7点) 賞品、記念品
※大賞をはじめとする入選作品は、流山おおたかの森S・Cの館内広報物、イベント関連などに使用する場合あり

【空間グラフィック部門】
●大賞(1点) 賞金20万円
●優秀賞(2点) 賞金5万円
●入選(7点) 賞品、記念品
※大賞作品は、流山おおたかの森S・C FLAPS1F横の壁面に施工
募集内容
【平面グラフィック部門】
「GROW UP」をテーマとした平面グラフィック
※イラスト・コラージュ・写真など形式は不問

【空間グラフィック部門】
流山おおたかの森S・C FLAPS1F壁面を彩る空間グラフィック
※カッティングシートへインクジェットプリントで出力する想定
※使用素材:中川ケミカル 溶剤用メディア・CM-702GT
※グラデーション、写真表現なども可
※未発表のオリジナル作品に限る
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●作品
※提出時に下記の必要事項を明記
タイトル(30字以内)・コンセプト(200字以内)

【平面グラフィック部門】
※5MB以内のjpegファイル
※297×420mm
※向きは不問
※手描きなどの場合は撮影またはスキャンし提出

【空間グラフィック部門】
※規定のテンプレートをダウンロードし制作
※10MB以内のpdfファイル
※A3、横向き
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
参加資格
個人またはグループ、年齢・性別・職業・国籍は不問
日本に拠点を持ち、日本語または英語でのコミュニケーションができる方
※未成年の場合は親権者の同意が必要
参加費
無し
審査員
【平面グラフィック部門】
●審査員
坂崎千春(絵本作家、イラストレーター)
河尻和佳子(流山市総合政策部 マーケティング課 課長)
小池 貴(流山おおたかの森S・C 東神開発株式会社 千葉事業部長)

【空間グラフィック部門】
●審査員
原田真宏(MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO 共同主宰、建築家)
河尻和佳子(流山市総合政策部 マーケティング課 課長)
小池 貴(流山おおたかの森S・C 東神開発株式会社 千葉事業部長)

●特別審査員
中川興一(株式会社中川ケミカル 代表取締役社長)
結果発表
2022年12月、公式ホームページにて発表
著作権の扱い
応募作品の著作権は応募者に帰属
コンテストの広報を目的としたSNS・印刷物・出版・展示・Web・交通広告等で発表する権利は主催者が保有するものとする
大賞・優秀賞作品は、主催者に対して独占的な利用許諾を認め、その際は著作者人格権を行使しないものとする
また利用にあたってレイアウト・デザインの変更(トリミング、文字情報の配置、加工など)を行う可能性がある
利用対価は賞金をもって充てるものとする
主催
流山おおたかの森S・C/東神開発株式会社
提出先・問合先

【問合先】
流山おおたかの森S・C グラフィックアワード2022 事務局(株式会社JDN内)
mail : otakanomori2022@japandesign.ne.jp

関連記事