あと22

お弁当×おいしい記憶のエピソード募集《小・中学生限定》

※2018.11.15 締切を延長しました

締切
2019年01月08日 (火)
作品提出・応募締切、必着
●共同通信社賞(中学生の部1点) 1万円分の図書カード、副賞
●信濃毎日新聞社賞(長野県内1点) 1万円分の図書カード、副賞
●京都新聞賞(京都府内1点) 1万円分の図書カード、副賞
●キッコーマン賞(小学生の部1点) 1万円分の図書カード、副賞
●学校賞(応募者数が最多または、生徒数に占める割合が最高の学校、長野県・京都府より各1校) 2万円分の図書カード
●特別賞(10点程度) 5000円分の図書カード
募集内容
お弁当にまつわるエピソード
※日本語での応募とする
※自作未発表の個人作品に限る
※盗作、二重投稿は厳禁とする
※絵または写真と作文を必ずセットで応募すること
【テーマ】
※以下のいずれかを選択
(A)誰かのためにつくったお弁当
(B)誰かのためにつくってあげたいお弁当(実際につくっていなくても可)
(C)お弁当の思い出
提出物
●応募フォーム(公式ホームページよりダウンロードまたは任意の用紙)
※200~600文字程度
※以下の事項を記入すること(文字数に含めない)
応募するテーマ・氏名(ふりがな)・年齢・性別・郵便番号・住所・電話番号・学校名/学年
※お弁当の絵または写真と合わせて送付すること
※応募は一人何作でも可、ただし入賞は1点のみとする
参加方法
提出物を下記提出先まで封書にて送付
参加資格
長野県・京都府の小・中学生
参加費
無し
審査員
竹下和男(「弁当の日」提唱者)
中澤弥子(長野県立大学 健康発達学部食健康学科 教授)
園部晋吾(山ばな平八茶屋若主人〈特定非営利活動法人 日本料理アカデミー 地域食育委員長〉)
藤島義昭(信濃毎日新聞社 東京支社長)
下尾芳樹(京都新聞社 東京支社長)
大津山 厚(キッコーマン株式会社 執行役員 経営企画室 コーポレート政策推進担当部長)
幅 浩一(株式会社共同通信社 取締役)
著作権の扱い
入賞作品についての一切の権利は株式会社共同通信社に帰属
主催
株式会社共同通信社
提出先・問合先

【送付先】
〒105-7208
東京都港区汐留メディアタワー
株式会社共同通信社
「お弁当」×「おいしい記憶」募集 TR係
【問合せ先】
株式会社共同通信社
mail : obento-episode@kyodonews.jp