ニュース
2018/10/05 10:00

【公募情報】締切間近!厦門国際アニメマンガフェスティバル「創造未来ゲームコンテスト」で海外に挑戦

【公募情報】締切間近!厦門国際アニメマンガフェスティバル「創造未来ゲームコンテスト」で海外に挑戦2018年(第11回)厦門国際アニメマンガフェスティバル「創造未来」ゲームコンテスト 公式ホームページ
http://www.cybersousa.info/

締切延長のため、記事を編集いたしました(2018/10/9)

中国の経済特区厦門(アモイ)で毎年開かれている、アニメ・マンガ・ゲームの祭典「厦門国際アニメマンガフェスティバル」が、今年はゲームコンテストを開催。作品募集の締切が迫っていたが、10月21日に延長された。

同コンテストは世界の新たなゲーム作品と優れたゲーム開発チームを発掘し、育成することを目的に行われ、世界中からゲーム作品および企画案を募集している。 作品のテーマ、ゲームタイプ、遊び方は不問。

賞金総額は50万人民元(日本円で約800万円)で、賞はゲーム作品に与えられる「最優秀ゲーム賞」となどと、ゲーム企画に与えられる「最優秀ゲームプラン賞」に分けられる。ゲームプラン賞の提出物は、PowerPointやWordなどで制作したゲーム企画案でよく、プログラミングの必要がないため応募のハードルが低い。

最優秀ゲームプラン賞の受賞者は賞金2万元に加え、大会スポンサーチームから1000万元以上の資金提供の可能性がある。いつか実際にゲームを世に送り出したいと思う人には、大変貴重なチャンスだ。

募集概要

●締切
2018年10月21日(日)
※延長されました

●賞
最優秀ゲーム金賞(1点) 9万元
最優秀ゲーム銀賞(1点) 7万元
最優秀ゲーム銅賞(1点) 4万元
最優秀ゲームアプリ賞(5点) 2万元
最優秀ゲームプラン賞(5点) 2万元
※大会スポンサーから資金提供の可能性あり

●募集内容
条件に沿うゲーム作品またはゲーム企画案
※詳細は公式ホームページを参照

●提出物
ゲーム賞:
・ゲームインストールパッケージ
・プレイ動画
・ゲーム画像
ゲームプラン賞:
・ゲーム企画案(PPTやWord版)
共通:
・エントリーシート
・説明文

●言語
中国語または英語
※作品中に中国語または英語ではない文章がある場合は英訳を添付すること

●参加方法
提出物をアップローダへアップし、必要情報を指定のメールアドレスに送付

●審査員
・王俊傑(ゲームプロデューサー/バベルタイムCPO/DOKIスタジオ主宰)
・周剣(歓聚互娯総経理/YY.INCゲーム事業総括責任者)
・いたのくまんぼう(神奈川工科大学非常勤講師)
・黒川文雄(ジェミニエンタテインメント代表取締役/黒川メディアコンテンツ研究所所長)

公式ホームページ
http://www.cybersousa.info

関連記事