ニュース
2017/09/07 12:39

【結果速報】ジェームズ ダイソン アワード 2017 国内審査通過作品が発表!

ジェームズダイソンアワード2017 SuKnee

国際エンジニアリングアワード「ジェームズ ダイソン アワード 2017」の国内審査通過作品、計5作品が発表された。

同アワードは、次世代のデザインエンジニアの支援・育成を目的に毎年開催されている。主催は、掃除機やファンで有名なダイソン株式会社が提携している教育慈善団体ジェームズ ダイソン財団だ。毎年「問題解決のアイデア」を募集し、12回目となる今年は世界23カ国で開催、1000を超える作品が集まった。

今年の国内最優秀賞は、孫小軍氏、菅井文仁氏、佐藤翔一氏3名による作品「SuKnee-障害者のモビリティを高めるロボット義足」。

既存の義足は動力を持たず、ユーザーの体重を支えられないのが主流。階段の上り下りや立ち上がりといった、生活に欠かせない動作の際にふらつく。このことに自らもユーザーである孫氏が不満を感じたのが、開発のきっかけだ。

エンジニアとユーザーの両方の視点から自ら高性能の義足を作りたいという想いのもと、総勢100名以上もの義足ユーザーにヒアリングをし、「疲れにくい」「転倒しづらい」「自然体で歩きたい」といったニーズの高い点を解決すべく開発された。

試行錯誤の末に開発された受賞作はロボット技術を活用し、独自で開発した筋肉を模倣するアクチュエータが搭載されている。歩行に合わせる制御を行うことで独自の動力を持たせた。

国内最優秀賞の3名には、賞金として約28万円が贈られ、起業、製品化を目指す。

最優秀賞を含む国内審査通過5作品は国際審査に進み、10月26日(木)に結果が発表される予定。国際最優秀賞受賞者には賞金約435万円が贈られると同時に、受賞者が在籍または卒業した教育機関にも約72万円が寄付される。

なお、作品はすべてジェームズダイソンアワードのホームページにて公開中。イノベーティブな課題解決のアイディアが多数集まっているので、見てみてはいかがか。
https://jamesdysonaward.org/ja/projects/?project_year=2017

関連記事