あと21

NEDO Challenge, Li-ion Battery 2025 発火を防ぎ、都市鉱山を目指せ!

締切
2024年06月10日 (月)
事前登録締切、12:00必着
●1位(各テーマ) 懸賞金1000万円
●2位(各テーマ) 懸賞金500万円
●3位(各テーマ) 懸賞金300万円
募集内容
テーマにそった装置の開発提案
【テーマ】
(1)リチウムイオン蓄電池の検出装置(ポータブル型・設置型):誤ったごみ区分に混入(主に不燃ごみ、容器包装プラスチックごみへの混入が多い)したLiB、LiB が使用された小型製品を処理工程に入る前に検知する装置で、検知によりLiBの発煙・発火を防ぎ、資源物として選別することを可能にする
(2)リチウムイオン蓄電池の発火危険性の回避・無効化装置:LiB の回収・運搬・処理工程での発火危険性を回避・無効化するための装置で、発火能力を低下させた状態のLiBのみを選択的に受け入れる、あるいは、発火能力の有無にかかわらず回収したLiBを放電、電解液除去等により発火能力を無効化し、安全なリサイクル資源とする
※明らかに事業化を目指す意思がないと考えられるアイデアの応募は不可、また、成果確認審査(2024年12月を予定)で稼働テストの実施が可能な装置を用意する必要あり
※2024年3月時点で一般販売されていない装置を対象とし、既に一般販売されている装置に追加的な機能改善を行いバージョンアップする等、本事業を通じて新たな技術開発を行う計画であれば申請可能
※スタートアップ等については、機関投資家等から資金調達を行っている場合であっても応募可
※「国の競争的研究費(内閣府の「競争的研究費制度」に該当するもの)」のみで創出された成果は応募不可
提出物
●申請書(様式1)(公式ホームページよりダウンロード)
●申請者情報(様式2/法人用・個人用)(公式ホームページよりダウンロード)
※原則日本語で記入すること
※法人として応募する場合で、(様式2)へのURL記載がない場合、法人の紹介カタログや定款等、事業の概要が分かる資料を提出すること、また、その他、必要となる書類がある場合には別途提出することができる
参加方法
公式ホームページの応募フォームより投稿
参加資格
我が国に籍を有する者(法人、個人、グループ)が応募することとし、当該応募者が日本国内に本申請に係る主たる技術開発のための拠点を有していることを主な要件とする
※事業管理上、NEDOの必要とする措置を適切に遂行できる必要あり
※企画運営事業者と利害関係にある場合は、応募不可
※「補助金交付等停止措置」に該当中の研究者や機関は応募不可
※反社会的勢力である方、反社会的勢力との間に過去・現在または直接・間接問わず、取引、金銭の支払い、便宜の供与その他一切の関係または交流がある方、また、反社会的勢力に属する方または反社会的勢力との交流を持っている方が役員に選任され、従業員として雇用されまたは経営に関与している事実がある方は応募不可
※詳細は公式ホームページを参照
参加費
無し
審査員
寺園 淳(国立研究開発法人国立環境研究所 資源循環領域 上級主席研究員)
金澤祐一(一般社団法人 JBRC 専務理事)
清水健太郎(公益財団法人 日本容器包装リサイクル協会 プラスチック容器事業部 副部長)
林 直人(国立研究開発法人 産業技術総合研究所 環境創生研究部門 資源価値創生研究グループ 研究グループ長)
真尾淑子(国立大学法人 東京工業大学 研究・産学連携本部 特任教授)
著作権の扱い
提出された成果に関する著作権その他の知的財産権は応募者に帰属
主催
経済産業省 産業技術環境局 資源循環経済課、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 環境部 3Rグループ
提出先・問合先

〒100-8141
東京都千代田区永田町二丁目10番3号
株式会社三菱総合研究所 エネルギー・サステナビリティ事業本部
「NEDO Challenge, Li-ion Battery 2025」事務局
mail : info-lib-challenge@mri.co.jp