募集終了

MONSTER Exhibition 2018《展示参加》

MONSTER Exhibitionは、見る人を楽しませる怪獣をテーマにした映像、絵画、造形、グラフィック、アニメーション、写真、建築(模型等)作品を展示する企画展です。多くの人が集まる渋谷で作品を発表することができ、海外展では国際的なチャンスを広げます。
今年は6年目を迎え、もっと多くの方が参加できるように40名から60名へと入選枠を大きく広げました。また、海外への挑戦も選考方式へと大きく変更し、ハードルの高かった出展料を無償とし実力のある方がチャレンジできるようになりました。あなたのチャレンジをお待ちしています。
※2018年4月11日 賞・募集内容の海外展情報を変更しました

締切
2018年04月30日 (月)
エントリー締切
※ポートフォリオ提出は5月2日必着
●最優秀賞(1名) 賞金10万円
●優秀賞(2名) 賞金3万円
※最優秀賞および優秀賞受賞者を含む18名を海外展へ無償招待
募集内容
「MONSTER(怪獣)」をモチーフにした作品
※ジャンルは不問
※絵画等の平面作品は、高さ2100×幅900mm以内
※立体作品は、高さ1100×横600×奥行き600mm以内
※立体作品は、指定の台座を使用すること
※テーマに合えば未発表の作品である必要はなし
※火気の可能性のある作品、インスタレーションは不可
※詳細は公式ホームページを参照

【開催概要】
会期:レセプション 2018年7月20日、一般公開 7月21日~25日 11:00~20:00(最終日は17:00まで)
会場:渋谷ヒカリエ 8/ COURT
※2018年秋~2019年3月に海外での巡回展を予定(バルセロナもしくはベルリンで調整中)
提出物
●ポートフォリオまたは企画書
※A4のファイル5ページまで
参加方法
公式ホームページのエントリーフォームに登録し、提出物を提出
※入選者は展示会場に作品を搬入
参加資格
不問
参加費
エントリー料 3000円
※入選者は別途出展料が必要
審査員
五十嵐太郎(東北大学大学院 工学研究科 教授)
佐野恵子(AXISギャラリー キュレーター)
大河内一楼(脚本家)
戸塚憲太郎(ギャラリスト・キュレーター)
市毛康英(アーティスト、英王立芸術院大学院 講師)
著作権の扱い
著作権は作家に帰属
主催
MONSTER Exhibition事務局(一般社団法人Evolve Art & Design Japan)
提出先・問合先

公式ホームページより

関連記事