募集終了

MONSTER Exhibition 2016《展示参加》

MONSTER Exhibitionは、怪獣をテーマに映像、絵画、造形、グラフィック、デザインなどの作品を東京とニューヨーク(NY)で展示する企画展です。ARTに限定せ ずデザインや映像など広く門戸を開いており、さらに内面性や人間の行動だったり、必ずしもクリーチャーとは限らないモンスターの解釈の多様性にも評価をいただいています。本展は4年をむかえ、知名度も向上し、若手アーティストの登竜門的存在にもなってきました。多くの人に見てもらえる渋谷や海外へのチャレンジの場として、日本のアーティストのレベルの底上げと、日本カルチャーを国際的に発展させるアートプロジェクトを目指しています。モチーフのMONSTER(怪獣)は、多くのものを呑み込んだ自然災害である津波をメタファーとしています。このプロジェクトが発足した原点を大切にし、哀しみを押し付けずに大人や子供など多くの人たちに楽しんでもらう企画展とすることで、東日本大震災を少しでも形骸化させない活動へと繋がれば、という想いを託しています。

締切
2016年06月03日 (金)
作品提出締切 24:00必着
※事前エントリー締切:2016年5月31日(火) 24:00
●最優秀賞 (1名) 賞金10万円
●優秀賞 (2名) 賞金3万円
※第一次審査で選出された40名の出展者全員に、NYギャラリーでの展示の権利あり
(ただし希望者のみ、NY出展の場合は出展料40,000円が別途必要)
※現地NYギャラリーでの展示と販売サポートあり
(NYギャラリーでの販売は、売上からギャラリーへの販売手数料が引かれます)
募集内容
「怪獣」をモチーフにした映像、絵画、造形、グラフィック等の作品
※高さ1200(台座700mm含む)×横500×奥行き500mmの立方体以内で表現可能
※自立できること
※平面の場合、用意されるパーテション(高さ2100×幅900mm)に収まる作品であること
※台座なしの場合で自立する条件であれは、最長1200mmまで可
※テーマに合えば未発表の作品でなくても可
※火気の可能性のある作品、インスタレーションは不可
※その他詳細は公式ホームページを参照
提出物
●A4クリアファイル(ポートフォリオまたは企画書)の現物
●上記の電子ファイル(pdfファイルまたはword文書)
※ポートフォリオまたは企画書は任意のA4クリアファイルにセットし、表紙に受付番号と名前を明記の上、郵送
※1ページ目は、アーティストまたはデザイナーの経歴、過去の受賞歴など、プロフィールを掲示すること
※上記と同様の内容のものを、pdfファイルまたはword文書でメールに添付して提出
参加方法
公式ホームページのエントリーフォームより登録後、2016年6月3日までに提出物を郵送及びメールにて送付
参加資格
不問
参加費
エントリー料 3000円 ※最終審査で選出の40名は別途出展料が必要
審査員
五十嵐太郎(東北大学大学院工学研究科教授[都市・建築学])
開田 裕治(怪獣絵師・イラストレーター)
藤井孝行(ギャラリスト・キュレーター)
佐野恵子(AXISギャラリー キュレーター)
大河内一楼(脚本家)
著作権の扱い
作家に帰属する
主催
RECOVER & REBUILD Japanese art & design
提出先・問合先

公式ホームページ内の問合せフォームより

関連記事