募集終了

【日系大手自動車メーカー×Wemake】Mobility Innovation Challenge 2030

一言コメント
クルマを20年間使ってみたくなる製品やサービスのアイデア募集

世界的な環境意識の高まりにより、資源を循環させて有効活用するサーキュラーエコノミーが注目されています。例えば、クルマの構造や製造方法を根本的に変えることで一台のクルマを長く使う社会へシフトさせるなど、クルマは更に3R(リデュース:使用量削減、リユース:再利用、リサイクル:再生利用)に取り組んでいく必要があります。
今回はSDGs後の持続可能な社会での取り組みが当たり前になった2030年以降を見据え、あなた自身が強く共感しクルマを長く使用し続けたくなるストーリーに基づいた商品やサービスをご提案ください。
時の経過と共にクルマの価値をプラスにし、クルマやそのパーツをついつい長く使ってみたくなるような体験価値を提供する製品/サービスの提案をお待ちしています。あなた自身が使いたくなるような“ストーリー”を添えてご応募ください。

締切
2022年09月25日 (日)
作品提出・応募締切
●最優秀賞 賞金100万円
●優秀賞 賞金50万円
●特別賞 賞金30万円
●ファイナリスト 賞金7万円
※チームメンバーに分配金を贈呈
※該当なしの場合あり
募集内容
クルマを20年間使ってみたくなる製品/サービス
【提案に求めること】
・部品や材料を3Rのいずれかで活用したくなる提案であること
・あなた自身が使い続けたいと思う、根拠たる体験価値やストーリーが明確なこと
・時の経過と共にクルマの価値をプラスに変える提案であること
※複数応募可
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●コンセプト
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
※「Wemake」への会員登録が必要
※一次審査通過者はプレゼンテーションを実施
参加資格
不問
参加費
無し
結果発表
2023年1月下旬予定
著作権の扱い
主催者にお問い合わせください
主催
日系大手自動車メーカー、Wemake
提出先・問合先

公式ホームページより

関連記事