あと45

難病克服支援MBT映画祭2021

MBT(Medicine-Based Town:医学を基礎とするまちづくり)コンソーシアムは、奈良県立医科大学と連携し、医学を通して社会貢献活動を推進する一般社団法人です。奈良県立医科大学とMBTコンソーシアムでは、「MBT難病克服キャンペーン」を重点活動項目として取り組んでいます。今回、難病克服支援のための「MBT映画祭2021」を企画しました。

「みんなで守るいのち」をテーマにしたオリジナル作品(最大30分)を募集します。難病に限らず、疾病(病気)などにより患者さんやご家族に、経済的、身体的または精神的な負担がかかっている状態や、その状態を乗り越えるための取り組みに関する作品を広く募集します。 あらゆる疾患(病気)が対象です。また、「みんなで守るいのち」がテーマであれば疾病と関連ない内容でも、応募を歓迎します。

プロの作品だけでなく、アマチュアによる心に届く作品も募集します。 実際のドキュメンタリー、フィクション、疾病克服のための商品紹介、アニメなど、オリジナルの動画・映画を奮ってご応募ください。
※募集内容を変更しました(2021/8/30)

締切
2021年12月10日 (金)
作品提出・応募締切
●最優秀賞 賞金20万円
●優秀賞 賞金10万円
●特別賞 賞金5万円
募集内容
テーマにそった1分以上30分以下のオリジナル動画・映画
テーマ:みんなで守るいのち
※未発表、新作が望ましいですが、他の映画祭への出品歴がある作品、自己のオンラインサイトで公開済みの作品、過去作品も応募可。
※日本語以外の作品による作品は、日本語字幕をつけること。
※応募は一人1点まで
提出物
●作品
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
※提出物を動画共有サイト(YouTube、Vimeo等)にアップロードし、URLを記入
参加資格
授賞式に出席できる方
※代理人の出席、またはWeb参加も可能
※公開に関して出演者や作成者の同意が得られていること
参加費
無し
審査員
●審査委員長
篠原哲雄(映画監督)

●審査委員
としおかたかお(映画監督、なら国際映画祭 理事)
西尾孔志(映画監督、おおさか映画学校 代表)
織田友理子(車椅子ウォーカー 代表、遠位型ミオパチー患者会 代表)
杉江和馬(奈良県立医科大学 脳神経内科学 教授、難病診療拠点病院 委員長)
辰巳満俊(奈良県立医科大学附属病院 医療安全推進室 病院教授)
橋口智子(奈良県立医科大学附属病院 看護部長)
結果発表
2022年1月8日、授賞式にて発表
著作権の扱い
応募作品の著作権は著作者に帰属
主催
公立大学法人奈良県立医科大学、一般社団法人MBTコンソーシアム
提出先・問合先

公式ホームページより