募集終了

アート4コマ公募展「漫喜利 -MANGIRI- 2020」

一言コメント
アートか?マンガか?どっちだっていいじゃない!?

「アート4コマ公募展 漫喜利 -MANGIRI-」は、「池袋アートギャザリング公募展 IAG AWARDS」を運営する「池袋アートギャザリング(IAG)プロジェクト」による新企画公募展です。有名漫画家たちが巣立った「トキワ荘」の南長崎エリアを擁する豊島区ならではの、世界に向けた戦略的な公募企画として発案しました。
マンガの原点「4コマ」をモチーフとしたアート作品を年齢・国籍はもちろん、平面、立体、映像、インスタレーションなどのジャンルも問わず、募集・展示します。
凝縮された時間の流れとオチ感を基本とする4コマという制約を「自由」に解釈し、アートとマンガの境界を超えた、挑戦的な作品をご応募ください。

締切
2020年03月15日 (日)
エントリー締切
●大賞(1名) 賞金10万円
●優秀賞(1~複数名) 賞金各3万円
●各審査員賞
●オーディエンス賞
●IAG(池袋アートギャザリング)賞 海外アートフェアへの出品資格
※入選者による展覧会を開催
募集内容
「4コマ」をモチーフとしたアート作品
※未発表のオリジナル作品に限る
※屋内ギャラリー展示が可能な作品に限る
※壁面展示作品は幅1.8×高さ3m、空間展示作品は幅・奥行・高さ3mの範囲内とする
※平面、立体、映像、インスタレーションなど、ジャンルは不問
※デジタルプリントも応募可
※応募は一人1点まで(複数点の組作品も可)

【開催概要】
アート4コマ公募展「漫喜利 -MANGIRI- 2020」
会期:2020年5月17日~27日 11:00~19:00(最終日は16:00まで)
会場:東京芸術劇場5階 ギャラリー2
提出物
●一次審査:作家・作品情報・展示プランを専用フォームよりデータで提出
●二次審査:事務局の判断により提出物を指定
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
参加資格
入選者による展覧会に参加可能なアーティスト
参加費
3000円
審査員
●審査員長
しりあがり寿(漫画家)

●審査員
小田雄太(デザイナー、アートディレクター)
関谷武裕(「トーチweb」 編集長)
中村ケンゴ(美術家)
山内康裕(東アジア文化都市 2019 豊島 マンガ・アニメ部門 事業ディレクター)
結果発表
一次審査:2020年3月
最終審査:4月
※審査結果は事務局からメールにて通知いたします。
※オーディエンス賞以外の各賞は、会期中に会場や公式ホームページにて発表
※授賞式も実施予定
著作権の扱い
主催者にお問い合わせください
主催
漫喜利 -MANGIRI- 実行委員会(としま南長崎トキワ荘協働プロジェクト協議会)
企画・運営:池袋アートギャザリング事務局(一般社団法人JIAN)
提出先・問合先

公式ホームページより

関連リンク