あと11

第25回 日本陶芸展

「日本陶芸展」は1971年に、毎日新聞の創刊100周年記念事業として創設された陶芸の公募展です。以来、「実力日本一の陶芸作家を選ぶ」とのコンセプトを掲げ、隔年開催を続けています。今回の25回展で、創設から約半世紀を迎えることになりました。
本展は第1部(伝統)、第2部(自由造形)、第3部(生活の器)の公募3部門と、現代陶芸界の巨匠や、気鋭の中堅・若手作家らに制作を依頼する招待部門とで構成されます。
日本の陶芸を代表するトップレベルの作品を奮ってご応募ください。

締切
2018年12月28日 (金)
出品料振り込み締切

2019年01月12日(土)
作品提出締切(委託搬入)

2019年01月20日(日)
作品提出締切(持参搬入)
●大賞・桂宮賜杯(1点) 賞金100万円、賞状
●準大賞・日本陶芸展賞(1点) 賞金50万円、賞状
●優秀作品賞 文部科学大臣賞(1点) 賞金50万円、賞状
●優秀作品賞 毎日新聞社賞(2点) 賞金50万円、賞状
●特別賞 茨城県陶芸美術館賞(1点) 買上30万円、賞状
●特別賞 U35 レオパレス賞(1点) 賞金30万円、賞状
募集内容
未発表でオリジナルの陶芸作品
【部門】
第1部(伝統):伝統を踏まえた創作作品
第2部(自由造形):用途にとらわれない自由な造形による作品
第3部(生活の器):生活の中で用いられる器
※応募は一人3点まで

【開催概要】
東京展
会期:2019年3月28日~4月2日
会場:大丸東京店
※東京展・大阪展・茨城展・九州展を開催
提出物
●作品
第1部:縦60×径60×奥行き60cm以内
※組み作品の場合、直径の合計が150cm以内
第2部:横幅、奥行き、高さの合計が240cm以内
※ただし、奥行きは80cmを、横幅と高さはそれぞれ100cmを越えないこと(組み写真の場合も同様)
第3部:縦60×径60×奥行き60cm以内
※組み作品の場合、直径の合計が150cm以内
※紅茶カップセットなどでは、受け皿の直径の合計のみを目安とする
※1点のみでも可

※裏面に審査用作品ラベル(公式ホームページよりダウンロード)を貼り付け
※正面に正面シール(同上)を貼り付け
※作品輸送用の段ボール箱上部に梱包ラベル(同上)を貼り付け

●出品票(同上)
※作品正面から写した写真1枚と郵便振替用紙のコピーを貼り付け

※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
下記のいずれかにて提出
・公式ホームページの応募フォームより出品票を提出し、作品を下記提出先まで委託搬入
・公式ホームページの応募フォームより出品票を提出し、作品を下記提出先まで持参
・提出物を下記提出先まで委託搬入
・提出物を下記提出先まで持参
参加資格
不問
※団体、海外在住者可
※詳細は公式ホームページを参照
参加費
一般:1点 1万6000円、2点 2万5000円、3点 3万3000円
35歳以下:1点 1万円、2点 1万6000円、3点 2万1000円
審査員
●第1部
榎本 徹
唐澤昌宏
竹内順一
出川哲朗
中ノ堂一信

●第2部
石﨑泰之
正村美里
高橋秀治
武田 厚
外舘和子

●第3部
金子賢治
杉山享司
広瀬一郎
深澤直人
松本武明
結果発表
2019年3月までに毎日新聞および公式ホームページにて発表
著作権の扱い
主催者にお問い合わせください
主催
毎日新聞社
提出先・問合先

【提出先(委託輸送)】
〒113-0023
東京都文京区向丘2-33-5
谷中田美術「日本陶芸展事務局」 TR係
tel : 03-3823-1539

【提出先(持参)】
〒111-0033
東京都台東区花川戸2-6-5
東京都立産業貿易センター・台東館7階
「日本陶芸展事務局」 TR係

【問合先】
公式ホームページより

関連記事