あと62

KOKUYO DESIGN AWARD 2023

一言コメント
今年で開催20回目!受賞作品からヒット商品も誕生!

コクヨデザインアワード2023の募集テーマは「embrace」です。
辞書では「抱擁する」、「受け入れる、快諾する」などといった日本語に訳されています。同じく「抱擁する」を意味する“hug”よりも概念的なニュアンス、かつ、「受け入れる」を意味する“accept”より積極的で能動的な姿勢が含まれます。
すなわち“embrace”は、異質なアイデンティティや異質な概念、主義、考え方を、腕を大きく広げて、能動的に取り込んでいくような動きや姿勢を表現する言葉です。人・モノ・社会・文化等々の違いを乗り越え、人々を明るく前向きにするプロダクトの提案をお待ちしています。

今回はコクヨデザインアワード20周年を記念して、全応募者から学生応募者のみを対象とする「ヨコク賞(20周年特別賞)」を設けます。コクヨのパーパス「ワクワクする未来のワークとライフをヨコクする。」にちなみ、提出されたプレゼンテーションシートから「ワクワクする未来を予感させる」提案として優れた作品最大20点を選定します。

締切
2022年10月11日 (火)
作品提出・応募締切
●グランプリ(1点) 賞金200万円
●優秀賞(3点) 賞金50万円
●ヨコク賞(最大20点) 賞金3万円
※該当なしの場合あり
募集内容
テーマにそった未発表のプロダクトデザイン
【テーマ】
embrace
※募集対象は働く、学ぶ、暮らすシーンで用いる文具・家具・道具全般
提出物
●プレゼンテーションシート
※A3サイズ、縦向き
※jpegまたはpdfファイル(5MB以内)
※使用言語は日本語または英語に限る
※下記の必要事項を明記
作品タイトル・一般名称・コンセプト・使用シーン・寸法入り三面図
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
※一次審査通過者はプレゼンテーションおよび模型による対面もしくはオンライン審査を実施
参加資格
最終審査にてプレゼンテーションが可能な方
参加費
無し
審査員
川村真司(Whatever チーフクリエイティブオフィサー)
田根 剛(Atelier Tsuyoshi Tane Architects 代表、建築家)
田村奈穂(デザイナー)
柳原照弘(TERUHIRO YANAGIHARA STUDIO、デザイナー)
吉泉 聡(TAKT PROJECT 代表、デザイナー)
黒田英邦(コクヨ株式会社 代表取締役社長)
結果発表
2023年3月18日(予定)
著作権の扱い
公式ホームページの応募規約を参照
主催
コクヨ株式会社
提出先・問合先

公式ホームページより

関連記事