あと11

第3回 国際切り絵トリエンナーレ 2022

締切
2022年05月31日 (火)
作品提出・応募締切、必着
●グランプリ(1点) 賞金30万円、トロフィー、記念品
●準グランプリ(1点) 賞金10万円、トロフィー、記念品
●スチューデントグランプリ(1点) 賞金10万円、トロフィー、記念品
●優秀賞(5点) 賞金5万円、トロフィー、記念品
※入賞作品については富士川・切り絵の森美術館において買取ることが出来るものとし、その場合、購入の条件等詳細については受賞作家と協議するものとする
募集内容
未発表のオリジナル切り絵
※和紙、洋紙にかかわらず、紙等を刃物(鋏、ナイフ等)でカットし、造形美術として創作する平面作品
※作品の厚さは(作品サイズ)15cm以内のものは平面作品とする
※過去に公募展で発表された作品、他人の作品を模写(コピー)した作品は不可
※他者の知的財産権を侵害しない作品に限る
※テーマは不問
提出物
●出品票・出品申込書(公式ホームページよりダウンロード)
※応募者が学生の場合、職業欄に学校名を記載すること
※出品料金の確認のため、必ず振込用紙の控えをコピーして裏面に添付すること
●出品者証兼出品受付証(公式ホームページよりダウンロード)
※作品の受付と同時に出品者証(出品受付証)を交付、ただし宅配・郵送による搬入の場合は審査結果通知書とともに郵送
●出品カード(公式ホームページよりダウンロード)
※額装済み作品の左上に作品カードを剥がれないように貼り付け
●審査結果通知用の返信封筒
※定型封筒に84円切手を貼り、氏名、住所等を記入すること
※応募は一人1点とする
参加方法
提出物を下記提出先まで直接搬入
または、宅配便(UPS)もしくは郵送にて送付
参加資格
原則として15歳以上(高校生以上)とする
参加費
出品料
3000円
※(税込)の表記がない場合総額については直接主催者にお問い合わせください
審査員
●審査委員長
保科豊巳(東京芸術大学 名誉教授)
●審査委員
篠原 洋(富士川・切り絵の森美術館 館長)
杉浦正道(日本きりえ協会 代表)
松本 猛(美術・絵本評論家、横浜美術大学 客員教授、ちひろ美術館 常任顧問)
向山富士雄(南アルプス市立美術館 館長)
若林 覚(広告とアートのプロデューサー、元練馬区立美術館 館長)
著作権の扱い
作品の著作権は作者に帰属
主催
国際切り絵コンクール実行委員会
提出先・問合先

〒409-2522
山梨県南巨摩郡身延町下山1597
富士川・切り絵の森美術館
tel : 0556-62-4500 / 0556-62-4111
fax : 0556-62-4115
mail : info@kirienomori.jp