募集終了

第6回 健康医療ベンチャー大賞

2021年度も「健康医療ベンチャー大賞」を開催します。
本年度は一次審査、二次審査をオンラインで、決勝大会をオンラインとオンサイトのハイブリッド形式で行います。
昨年度は過去最大の総計125チームからの応募があり、各チームが非常に高いレベルで競い合いました。本年度も引き続き領域のトップランナーを審査員・メンター・講演者にお招きし、ハイレベルかつ充実したコンテストを企画します。
皆様のご応募をお待ちしています。

締切
2021年09月19日 (日)
ビジネスプラン提出・応募締切
●社会人部門 優勝 賞金100万
●学生部門 優勝 賞金30万
●オーディエンス賞
●企業賞
募集内容
創薬、遺伝子、医療介護連携、ビッグデータ、人工知能、スマートフォンアプリ、ウェアラブルデバイスなど、病院での医療に限局せず、医療・健康に貢献するプラン
※ハイテク、ローテク、特許性は不問

【一次審査での区分】
A. 一般消費者向けビジネス部門(To C)
B. 医療機関向け/企業向けビジネス部門(to B/M)
C. 創薬/バイオ/医療機器開発部門
提出物
●提案書フォーマット(申請後に送付)
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
参加資格
法人・チーム・個人は不問
※複数名で応募する場合は必ずチームリーダーを指名すること
※チームリーダーは事業のあらゆる側面を把握し、一次審査、二次審査、メンタリング、決勝大会のすべてに参加できること
※社会人経験を有するメンバーがチームにいる場合、学生部門での応募は不可
※社会人経験のない大学院生は社会人部門/学生部門のどちらでも応募可
※提出プランをすでに法人で事業化している場合は、法人化5年以内であること
参加費
無し
審査員
阿部 博(有限責任あずさ監査法人​ 常任執行理事/企業成長支援本部 インキュベーション部長/パートナー)
​稲邑拓馬(経済産業省 ​ヘルスケア産業課長)
村井 純(慶應義塾大学 教授/環境情報学部 名誉教授)
山岸広太郎(慶應義塾大学 常任理事、株式会社慶應イノベーションイニシアティブ ​代表取締役社長)
村上俊之(慶應義塾大学 理工学部長 兼 教授)
※審査員は追加予定、公式Webサイトに随時掲載
結果発表
2021年12月19日、決勝大会にて

2021年9月25日、一次審査
2021年10月9日、二次審査
著作権の扱い
主催者にお問い合わせください
主催
慶應義塾大学医学部
提出先・問合先

公式ホームページより

関連記事