募集終了

平成28年度 日本造園学会全国大会 学生公開アイデアコンペ《学生限定》

締切
2016年04月07日 (木)
事前登録締切、必着
●最優秀賞(1点) 表彰
●優秀賞(数点) 表彰
●佳作(数点) 表彰
募集内容
学生による史跡を活かした都市のリノベーション
※未公表の作品に限る
【対象地】
松本城二の丸および外堀周辺エリア
【課題】
・本丸を囲む内堀だけでなく、復元される歴史的な外堀を新たな都市再生につなげる計画
・観光客、イベントの参加者、都市公園利用者の混雑を解消するとともに、ニーズや相互作用を誘発する二の丸の空間計画
・歴史的な都市の骨格の復元を、外堀の外側の三の丸に求められている歴史を活かしたまちづくりにつなげ、新たな都市景観の創出につなぐアイディアやストーリー
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●必要事項
※以下の事項を記入すること
応募者氏名・所属(グループの場合は代表者氏名と構成員名、全員分の所属)、代表者の住所・電話番号・メールアドレス
※メールの件名は「コンペ登録希望」とする
参加方法
提出物を下記提出先までメールにて送付
参加資格
●高校生、専門学校生、短大生、大学生、大学院生の個人またはグループとする
※登録時に学生であれば応募時(作品提出時)に社会人になっていてもかまわない
●グループでの応募は5名以内とし、グループの場合は代表者1名とする
●専門分野は不問(ランドスケープ、都市計画、土木、建築等)
●日本国内からのみ応募可、ただし2016年5月27日開催の公開最終講評会に参加可能であること
※パネルおよびプレゼンテーションは原則日本語とする
参加費
無し
審査員
●審査委員長
金岡省吾(富山大学教授)
●審査副委員長
霜田亮祐 (千葉大学准教授)
●審査委員
土本俊和(信州大学教授)
井原 縁(奈良県立大准教授)
大竹永明(松本城管理事務所長)
佐々木邦博(大会運営委員長、信州大学教授)
結果発表
2016年5月28日
著作権の扱い
応募作品の図面、書類の著作権は、応募者に帰属
ただし、公益社団法人 日本造園学会は、本コンペに関して必要な公表、出版についての権利を無料で使用できるものとする
主催
公益社団法人 日本造園学会
提出先・問合先

〒399-4598
長野県上伊那郡南箕輪村8304
信州大学農学部内
「造園学会学生コンペ」事務局
mail : jilacompe2016@yahoo.co.jp