あと41

JID AWARD 2022

一言コメント
現物審査を経て最終審査を行うリアリティを持ったデザイン賞

公益社団法人日本インテリアデザイナー協会(JID)が発足した1958年、日本のインテリアデザインに関わる優れた作品・業績を称えることを目的とした「協会賞」が設置されました。
1994年には「JID賞」と改称され、選考方法も公募方式となり、現在の「JID AWARD」に至ります。今では、スペース部門、プロダクト部門、提案や試作を対象にしたネクストエイジ部門の3部門があり、ウェブによる審査を通過したスペース部門は現地審査、プロダクト部門は現物審査を経て最終審査に至る、リアリティを持ったデザイン賞となっています。

締切
2022年06月30日 (木)
作品提出・応募締切
●大賞(1点) 表彰
●スペース部門賞(3点) 表彰
●プロダクト部門賞(3点) 表彰
●入選(数点) 表彰
●ネクストエイジ部門賞(10点) 表彰
募集内容
2021年4月1日~2022年3月30日までに日本国内で完成、製品化された作品
※ネクストエイジ部門は、提案・試作作品を対象とする
※複数応募可
※詳細は公式ホームページを参照

【部門】
・スペース部門:仮設空間を含む、インテリアスペースの実施作品
・プロダクト部門:家具、照明等のインテリアプロダクトの製品化作品
・ネクストエイジ部門:スペースまたはプロダクトの提案・試作作品、学生作品
提出物
●作品名
●コンセプト
※800字以内
●作品概要
※400字以内
※指定の内容を記載すること
●作品の写真および関連画像
※1MB以内のjpegファイル
※解像度は300dpi
※5枚以内
※関連画像は図面、説明図、部分写真など
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
参加資格
個人またはグループ
※国籍・資格は不問
※応募にあたっては作品の依頼主または管理者の了解を得ること
※応募者が企業・組織に所属している場合は、所属先の了解を得ること
※応募者以外に協力者がいる場合には、その方の了解を得ること
参加費
スペース部門:1点につき1万5000円
プロダクト部門:1点につき1万円
ネクストエイジ部門:1点につき5000円
※(税込)の表記がない場合、総額については直接主催者にお問い合わせください
審査員
●ゲスト審査委員
中村拓志(中村拓志&NAP建築設計事務所)


●JID選考委員会
川上玲子(フォルムSKR 取締役、北欧建築・デザイン協会 会長、選考委員)
喜多俊之(プロダクトデザイナー、大阪芸術大学 教授、選考委員)
木辺智子(インテリアデザイナー、株式会社フォーラム 取締役、選考委員)
小宮容一(インテリアデザイナー、芦屋大学 名誉教授、選考委員)
近藤康夫(インテリアデザイナー、近藤康夫デザイン事務所 代表、選考委員)
酒井浩司(SIA 代表、国士舘大学理工学研究所 フェロー、選考委員)
清水忠男(共生環境デザイナー、千葉大学 名誉教授、選考委員)
米谷ひろし(TONERICO:INC. 代表、多摩美術大学 教授、選考委員長)
丹羽浩之(ヴォイド 代表、JID 理事長)
結果発表
2022年11月26日、表彰式にて発表するほか、公式ホームページにて発表予定
著作権の扱い
主催者にお問い合わせください
主催
公益社団法人日本インテリアデザイナー協会(JID)
提出先・問合先

〒163-1007
東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー7F
公益社団法人日本インテリアデザイナー協会
tel : 03-5322-6560 / fax : 03-5322-6559
mail : head@jid.or.jp

関連記事