あと42

全日本鳥フォトコンテスト in JBF 2022

締切
2022年08月16日 (火)
作品提出・応募締切、必着
●環境部門 グランプリ(環境大臣賞)(1点) 賞金4万円、賞状、キヤノン デジタル一眼カメラ レンズキット
●生態・行動部門 グランプリ(文部科学大臣賞)(1点) 賞金4万円、賞状、キヤノン デジタル一眼カメラ レンズキット
●クリエイティブフォト部門 グランプリ(千葉県知事賞)(1点) 賞金4万円、賞状、キヤノン デジタル一眼カメラ レンズキット
●生態・行動部門 準グランプリ(コーワ賞)(1点) 賞金2万円、コーワ双眼鏡 BDII 42-8XD
●環境部門 準グランプリ(ニコン賞)(1点) 賞金2万円、ニコン双眼鏡 MONARCH 7 8x30
●クリエイティブフォト部門 準グランプリ(1点) 賞金2万円、VANGUARD カメラバッグ VEO RANGE T45M NV
他賞あり
募集内容
未発表の鳥の写真
※国内外は不問
※自身のホームページや展覧会等で、営利を目的とせずに発表された作品であれば応募可
※鳥の生活に大きな影響を与えていることが明白な写真は不可
※生態・行動部門および環境部門において、合成・加工写真(作品の重要な要素となるような加筆等の二次的な画像加工処理を施した写真)は不可(軽度の色・明るさの調整等は可)
※クリエイティブフォト部門は、合成等の画像加工処理した作品の応募可、ただし全ての画像の著作権が応募者にあるものに限る(印刷した写真に加工を施したものは不可、環境や自然保護のイメージを損なわない範囲の加工で表現された作品を、画像加工済みのデータとプリントで応募すること)
【部門】
(1)生態・行動部門:飛翔やさえずり、採食、水浴び、かわいい・かっこいい表情等、鳥たちが見せてくれるさまざまな行動や生態をとらえた写真
(2)環境部門:四季折々のさまざまな風景の中にいる鳥たちの姿、生息環境の異変や変化の中で生きる鳥たちを写した、問題提起の意味も込めた写真
(3)クリエイティブフォト部門:撮影した鳥の写真を、デジタル加工技術を用い、より鳥の魅力や芸術性を高めた写真(合成等の画像加工処理をした作品)
提出物
●作品のデジタルデータを記録したCDまたはDVD
※2MB以上のjpegファイル(RAWデータ不可)
※トリミングをしている場合はトリミング済の画像データを送付すること
※サイズは800万画素以上(3264×2448ピクセル以上)を推奨
※デジタル一眼カメラ、コンパクトデジタルカメラ、デジスコ、スマスコ、スマビノ等、撮影機材は不問
※ポジフィルムで撮影された作品でも、デジタルデータに変換されたものであれば応募可
●作品を2Lサイズ(127×178mm)でプリントしたもの
※作品裏面に応募票(公式ホームページよりダウンロード)を貼り付け
●応募手数料
※無記名の郵便為替(普通為替または定額小為替)または振込明細書のコピー
※応募は一人各部門3点まで(複数応募の場合は作品展示優先順位を記入)
参加方法
提出物を下記提出先まで郵送
参加資格
不問
※コンテストの応募者は、応募時点で、規約・規定に同意したものとみなす
参加費
応募手数料
1部門(3点以内)につき1000円
※(税込)の表記がない場合総額については直接主催者にお問い合わせください
審査員
叶内拓哉(野鳥写真家)
戸塚 学(野鳥写真家)
♪鳥くん(我孫子鳥の大使)
中野泰敬(野鳥写真家)
JBF実行委員
結果発表
2022年10月中旬ごろ、公式ホームページおよび「BIRDER」誌にて
著作権の扱い
応募作品の著作権は撮影者に帰属
主催
ジャパンバードフェスティバル実行委員会
提出先・問合先

〒270-1146
千葉県我孫子市高野山新田193 水の館内
我孫子市役所 手賀沼課
JBF2022 「全日本鳥フォトコンテスト」 TR係
tel : 04-7185-1484 / fax : 04-7185-5869
mail : jbf@city.abiko.chiba.jp