あと16

第20回 市川手児奈文学賞

締切
2019年10月02日 (水)
作品提出・応募締切、必着
【一般の部】
●大賞(各部門1点) 賞状、賞金3万円、作品集
●秀逸(各部門1点) 賞状、賞金1万円、作品集
●佳作(各部門3点) 賞状、賞金3000円、作品集
●入選(短歌・俳句・川柳部門95点、詩部門5点)
【子どもの部】
●大賞(各部門1点) 賞状、5000円分の図書カード、作品集
●秀逸(各部門1点) 賞状、3000円分の図書カード、作品集
●佳作(各部門3点) 賞状、1000円分の図書カード、作品集
●入選(短歌・俳句・川柳部門95点、詩部門5点) 賞状、作品集
募集内容
文芸風土豊かな市川を詠んだ自作未発表の短歌・俳句・川柳・詩
【部門】
(1)短歌
(2)俳句
(3)川柳
(4)詩
【テーマ】
(1)一般の部:「2019年市川を詠む」
※市川の自然、文化、祭、史跡や建物、市川ゆかりの人物等を題材とする
(2)子どもの部(中学生以下):自由題
提出物
●作品
※応募に際しては黒インクの筆記具(熱を加えると消えるボールペン不可)で記入すること
※複数部門への応募可、ただし応募は一人1部門5点まで
【短歌・俳句・川柳部門】
※応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)またはハガキの裏面に以下の事項を記入すること
応募部門・住所・氏名(ふりがな)・年齢・学生の方は学校名/学年・電話番号・ペンネーム(希望者のみ)
【詩部門】
※400字詰め原稿用紙3枚以内
※原稿用紙に楷書・縦書き、ワープロ、パソコンで執筆し、400字詰換算枚数を併記
※作品の右肩を綴じ、作品とは別に以下の事項を記入したものを添えること
応募部門・住所・氏名(ふりがな)・年齢・学生の方は学校名/学年・電話番号・ペンネーム(希望者のみ)
参加方法
提出物を下記提出先まで送付、もしくは市川市内の複数施設に設置の文芸ポスト・応募箱に投函
または、公式ホームページの応募フォームより投稿
参加資格
不問
参加費
無し
審査員
【俳句】
能村研三(沖 主宰)
【短歌】
清水麻利子(花實同人)
【川柳】
南澤たかを(川柳新潮社同人)
【詩】
淵上熊太郎(詩人)
結果発表
2020年1月ごろ、公式ホームページにて
著作権の扱い
著作権は本人に帰属
主催
千葉県市川市
提出先・問合先

〒272-0015
千葉県市川市鬼高1-1-4 市川市生涯学習センター2階
市川市文学ミュージアム 市川手児奈文学賞 係
tel : 047-320-3334