あと9

第21回 三浦綾子作文賞《小・中・高校生限定》

締切
2019年10月31日 (木)
作品提出・応募締切、消印有効
●最優秀賞(各部門1編) 賞状、記念品
●優秀賞(各部門数編) 賞状、記念品
●上富良野町賞(1編) 賞状、記念品
●和寒町賞(1編) 賞状、記念品
募集内容
テーマにそった作文
【部門】
(A)自由作文部門:随筆、感想文、評論、物語、童話
(B)課題図書部門:「氷点」「塩狩峠」「泥流地帯」「道ありき」「細川ガラシャ夫人」「母」「銃口」
【テーマ】
あなたが日頃思っていること、考えていること、感じたこと、想像したことを文章で表現した作品
提出物
●作品
※400字詰め原稿用紙(A4判またはB4判、縦書き)を使用し、各ページにページ番号を入れること
※HB以上の濃い鉛筆を使用すること
※パソコンで作成する場合は、A4判用紙(横置き)に縦書きで1行20字×20行で印刷し、ページ番号を入れること(CD-R等に保存したデータも同封すること)
※規定枚数は、小学生は3~5枚以内、中学生・高校生は5~10枚以内
※作品は1部門つき1点まで(複数部門での応募可)
※作品裏面に応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)を貼り付け
参加方法
提出物を下記提出先まで送付
※封筒の表に「三浦綾子作文賞」と明記すること
参加資格
全国の小学生・中学生・高校生(高校相当の各種学校等を含む)
参加費
無し
審査員
片山晴夫(北海道教育大学 名誉教授)
加藤多一(作家、児童文学)
大橋賢一(北海道教育大学 教授)
村田裕和(北海道教育大学 准教授)
片山礼子(旭川大学 非常勤講師)
上出恵子(九州産業大学 教授)
挽地真紀子(小学館文芸部「きらら」編集長)
横山百香(北海道新聞事業局出版センター)
結果発表
2019年12月上旬、入賞者に直接連絡
著作権の扱い
応募作品についての諸権利は三浦綾子記念文学館に帰属
主催
三浦綾子記念文学館
共催:北海道新聞旭川支社、北海道上富良野町、北海道和寒町
提出先・問合先

〒070-8007
北海道旭川市神楽7条8丁目2番15号
三浦綾子記念文学館「三浦綾子作文賞」係
tel : 0166-69-2626 / fax : 0166-69-2611
mail : toiawase@hyouten.com