あと54

第10回 ヒューリック学生アイデアコンペ《学生限定》

一言コメント
総額410万円。テーマは「誰も知らない銀座」

2013年にスタートした「ヒューリック学生アイデアコンペ」も、第10回を迎えました。今回の対象敷地は、ヒューリックの最重点開発エリアでもある「銀座」です。
銀座の街づくりは地域の人々が中心となり銀座の魅力を醸成してきましたが、そこにも常に「銀ブラが楽しめる街並みづくり」という考えがありました。
現在、東京都からは「東京都高速道路(KK線)再生方針」が、また中央区からは「銀座・築地周辺緑のプロムナード構想」が発表されています。いずれの計画も、広域的な歩行者中心のネットワークを形成し、銀座の回遊性(銀ブラ)を促進し、街の魅力を増強しようとするものです。
対象敷地は、銀座1丁目の中央通り(銀座通り)沿いに位置し、東京メトロにも直結しています。この場所に実際に降り立ち、歩いて、あなたの体験から考えた、これからの銀座に必要な建築を提案してください。あなたが自分自身の「銀ブラ」から考える未来の銀座 ─ 誰も知らない銀座 ─ が今回のコンペのテーマです。

締切
2022年07月13日 (水)
事前登録締切
※作品提出:7月13日~7月20日
●最優秀(1点) 賞金200万円
●優秀(3点) 賞金50万円
●佳作(6点) 賞金10万円
募集内容
テーマにそった未発表の建築提案
【テーマ】
誰も知らない銀座
※対象敷地は東京都中央区銀座1丁目内
※敷地形状はコンペ用に設定し、32m角の正方形とする
※応募は一人1点まで
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●提出図書
※A1のケント紙またはそれに類する厚紙で作成(片面、横向き)
※提案タイトル、コンセプト、図面、パース、CG、グラフ、表など、表現の方法は不問
●提出図書データ
※上記のpdfファイルを納めたCD-RまたはDVD-R

●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
公式ホームページのエントリーフォームに登録し、提出物を下記提出先まで郵送または宅配便にて送付
※一次審査後に公開二次審査(プレゼンテーション)を実施
参加資格
作品提出期間(2022年7月)中に、大学院、大学、短期大学、専門学校、高等専門学校に在籍している学生
※グループ応募の場合は、メンバー全員が条件を満たすこと
※異なるグループでの複数の応募は不可
参加費
無し
審査員
●審査委員長
隈 研吾(建築家)

●審査委員
伊香賀俊治(慶應義塾大学 教授)
亀井忠夫(株式会社日建設計 代表取締役会長)
根本祐二(東洋大学 経済学部 教授)
佐々木大輔(「日経アーキテクチュア」編集長)
前田隆也(ヒューリック株式会社 代表取締役社長)
結果発表
【一次審査】
2022年8月下旬頃、個別に通知するほか、公式ホームページにて発表予定

【最終審査】
10月下旬頃発表
※結果および審査経過は、「日経アーキテクチュア」2022年11月25日号および公式ホームページに掲載予定
著作権の扱い
応募作品の著作権は応募者に帰属
ホームページや雑誌への掲載に関する権利は主催者が保有するものとする
主催
ヒューリック株式会社
提出先・問合先

〒101-0042
東京都千代田区神田東松下町41-1 H¹O神田503
ヒューリック学生アイデアコンペ事務局 TR係
mail : huliccompe2022@japandesign.ne.jp
※メールアドレスは2022年11月末日まで運用

関連記事