あと23

HIROSHIMA DESIGN CHALLENGE 2021

一言コメント
「街なかをピースにするデザイン」に挑戦するパートナーを募集!

「HIROSHIMA DESIGN CHALLENGE」は、広島県内の事業者が主体的に「デザイン」を活用し、クリエイターと共同で新たな製品やサービスの開発に挑戦するプロジェクトです。
参加事業者からのお題に対し、共に新たなものづくりに挑戦するデザインパートナーを募集します。
プロジェクトのテーマは「街なかをピースにするデザイン」。
原爆の投下により、壊滅的な状況から復興を成し遂げた平和拠点として世界中から認知される広島県は、これからも平和に貢献していく使命があると考えています。広島のデザインについて考えていくうえでも「平和」というキーワードは不可欠な要素「piece(ピース)」ととらえ、テーマの中心に「peace(平和)」を据え、世界に発信できる街なかの空間や設置物等の開発に挑みます。

締切
2021年05月30日 (日)
作品提出・応募締切
●受賞(5組) 補助金50万円(実装に向けた補助として)、実装を前提とした開発、開発のサポート、プロジェクトを通じたPR
募集内容
テーマ「街なかをピースにする」要素が含まれた、事業者の課題を解決するデザインアイデア
※未発表のオリジナル作品に限る
※複数応募可

【お題】
1. カミハチキテル -HEART OF HIROSHIMA-
「空きスペースを活用する商業空間のデザイン」
2. 株式会社コンパス
「蚤の市を象徴するテントのリデザイン」
3. 株式会社スマートコムシティひろしま
「広島を元気にするデジタルサイネージのデザイン」
4. 株式会社ダイクレ
「人が立ち止まりたくなる水辺のデザイン」
5. 株式会社ディーネット
「多目的防水ボックスのデザイン」
6. 広島電鉄株式会社
「親子で一緒に楽しめる多目的遊具のデザイン」
7. RiverDo! 基町川辺コンソーシアム
「川を眺める時間のデザイン」

【事業者プレゼンテーションイベント(オンライン)】
2021年4月22日 17:00~19:00 参加無料
※事業者側からお題の紹介と当プロジェクトへの想いをプレゼンテーション
※「広島のデザインとは何か」について考える場を設ける
提出物
●アイデアシート
※A3、横向き1枚(片面のみ)
※レイアウトは不問
※使用言語は日本語に限る
※下記の必要事項を明記
・タイトル
・「ピースにするデザイン」コンセプト
・アウトプットイメージ(表現方法は自由〈イラスト、CG、写真、映像など意匠のつたわるもの〉)
●ポートフォリオまたは実績のわかる資料
※形式は不問
●応募フォーム入力情報
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
※AWRDのユーザー登録が必要
参加資格
2021年9月までプロジェクトに参加できる方
プロジェクトに関して事業者との協業の意志がある方
参加費
無し
審査員
●審査員長
深澤直人(デザイナー)

●審査員
谷尻 誠(SUPPOSE DESIGN OFFICE)
吉田 愛(同上)
柴田隆寛(編集事務所Kichi)
結果発表
2021年6月14日
著作権の扱い
規約または別途事業者との合意によって定める場合を除き、応募者は応募作品に関する知的財産権を含む権利を保持し続けるものとし、規約に反しない限り、応募作品の利用を妨げないものとする
主催
広島県
提出先・問合先

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂 1-22-7 9F
株式会社ロフトワーク
mail : hiroshima-design@loftwork.com