あと64

第32回 「市民文芸」作品募集

締切
2021年03月31日 (水)
作品提出・応募締切、消印有効
【一般の部:短歌/俳句/川柳/詩】
●入賞(1席/各1名) 賞金1万円
●入賞(2席/各2名) 賞金5000円
●入賞(3席/各5名) 賞金3000円
●入選(佳作)若干名 賞金なし
【一般の部:小説・シナリオ/エッセイ・ノンフィクション/児童文学】
●入賞(1席/各1名) 賞金5万円
●入賞(2席/各2名) 賞金2万5000円
●入賞(3席/各5名) 賞金1万5000円
【ジュニアの部:詩/俳句】
※各賞は小学生(低学年、高学年)、中学生の別に授与
●入賞(1席/各1名) 3000円分の図書カード
●入賞(2席/各2名) 2000円分の図書カード
●入賞(3席/各5名) 1000円分の図書カード
●入選(佳作) 若干名 賞金なし
募集内容
日本語による自作未発表の文芸作品
※規模の大小に関わらず同人誌等へ発表した作品は既発表とみなす
【部門】
(1)一般の部:短歌/俳句/川柳/詩/小説・シナリオ/エッセイ・ノンフィクション/児童文学
(2)ジュニアの部:詩/俳句
提出物
●作品
※以下の事項を記入すること
応募部門・氏名(ふりがな)・ペンネーム(ふりがな)・年齢・郵便番号・住所・連絡先(電話番号・メールアドレス)・学校名と学年(ジュニアの部応募の人のみ)
※広島市外在住の人は、広島市内の通勤・通学先または文芸活動先とその所在地を明記すること
※作品は黒のペン等を使用し楷書ではっきり書くこと
※学校、学級単位の応募は、必ず部門ごとにまとめ、担当教職員名を明記すること
【一般の部:短歌/俳句/川柳】
※ハガキ1枚等に連記すること
※応募は一人2首(句)まで
【一般の部:詩】
※400字詰め原稿用紙5枚以内
※応募は一人1編とする
【一般の部:小説・シナリオ】
※400字詰め原稿用紙50枚以内
※応募は一人1編とする
【一般の部:エッセイ・ノンフィクション】
※400字詰め原稿用紙30枚以内
※応募は一人1編とする
【一般の部:児童文学】
※400字詰め原稿用紙20枚以内
※応募は一人1編とする
【ジュニアの部:詩】
※400字詰め原稿用紙3枚以内
※応募は一人1編とする
【ジュニアの部:俳句】
※ハガキ1枚等に連記すること
※応募は一人2句まで
参加方法
提出物を下記提出先まで送付
※メールでの応募の場合は、件名を「第32回市民文芸作品応募」とすること
参加資格
【一般の部】
広島市内に在住または在勤・在学している方、広島市内で文芸活動を行っている方(年齢制限なし)
【ジュニアの部】
広島市内に在住または在学している小・中学生
参加費
無し
審査員
【一般の部】
短歌:小田好子、小山美惠子
俳句:飯野幸雄、工藤義夫
川柳:浅原志ん洋、増田マスヱ
詩:豊田和司、八木真央
小説・シナリオ:樫原 修、宮川朗子
エッセイ・ノンフィクション:川島優子、木ノ元陽子
児童文学:くぼひでき、三浦精子
【ジュニアの部】
広島市小学校教育研究会国語科部会、広島市中学校教育研究会国語・書写部会
結果発表
2021年7月ごろ、入賞・入選者本人へ直接または学校を通じて通知するほか、中国新聞紙上にて入賞者を発表予定
著作権の扱い
入賞・入選作品(作者名・ペンネームを含む)の出版権は公益財団法人 広島市文化財団に帰属
応募者は、公益財団法人広島市文化財団及び広島市が入賞・入選作品(作者名・ペンネームを含む)を出版物・ホームページ・展示事業などに無償で利用することを承諾したものとする
主催
公益財団法人 広島市文化財団、中国新聞社
提出先・問合先

〒730-0812
広島県広島市中区加古町4番17号 JMSアステールプラザ内
公益財団法人 広島市文化財団 文化事業部事業課
「市民文芸作品募集」 TR係
tel : 082-244-0750 / fax : 082-245-0246
mail : bunka@cf.city.hiroshima.jp