あと18

第38回 暁烏敏賞

締切
2022年08月31日 (水)
作品提出・応募締切、必着
●暁烏敏賞 第1部門(1編) 正賞「火焰様式楽人像」、賞金50万円
●暁烏敏賞 第2部門(1編) 正賞「覚華鏡」、賞金30万円
募集内容
テーマにそった未発表の論文・実践記録またはエッセイ
【部門】
(1)哲学・思想に関する論文:私たちの将来の生活に展望や示唆を与える研究論文、または哲人や思想家に関する評論、歴史学や民俗学や文学等の著作についての新しい解釈や評論等
※ただし文章は、論旨が明快かつ独創的で、全体の構成が整っており、表現が明確で平易であること(青少年にも「読める」論文が望ましい)
(2)子どもの育成に関する論文・実践記録またはエッセイ:幼児から若者までの育成を目的とした論文、実践記録またはエッセイ
※テーマは、家庭・学校・スポーツ・文化活動・ボランティア・国際交流・子育て・非行防止・安全教育・いじめ・不登校等、その他、子どもの育成に関する作品
提出物
●800字程度の梗概(論文概要)
●作品
※400字詰め原稿用紙、第1部門は30~50枚以内、第2部門は20~30枚以内
※パソコン等の場合は、A4判に見やすく印字すること(縦書き、横書き不問)
※以下の事項を記入すること
応募者の氏名(ふりがな)・年齢・住所・電話番号・職業(できるだけ詳細に、学生は学校名・専攻学科)
※製本はクリップまたはステープルとすること
参加方法
提出物を下記提出先まで郵送、もしくは持参
※暁烏敏賞第1部門または第2部門在中と朱書きすること
参加資格
不問
※以前に入選した方の応募は不可、ただし佳作・奨励賞受賞者は応募可
参加費
無し
審査員
梶田叡一(日本語検定委員会 理事長)
川村覚昭(佛教大学 元教授〈教育哲学〉)
山本哲也(元NHK金沢放送局 局長)
氣多雅子(京都大学 名誉教授)
上原麻有子(京都大学 文学研究科 教授〈日本哲学史専修〉)
結果発表
応募者に通知するとともに、公式ホームページにて発表
著作権の扱い
受賞作品についての出版権は、すべて白山市に帰属
主催
石川県白山市
提出先・問合先

〒924-8688
石川県白山市倉光二丁目1番地
白山市観光文化スポーツ部文化振興課 TR係
tel : 076-274-9573 / fax : 076-274-9546
mail : bunkashinkou@city.hakusan.lg.jp