あと119

第2回 お気に入りの一冊をあなたへ 読書推せん文コンクール《小・中学生限定》

一言コメント
あなたの好きな本を誰かにすすめる300字程度の作品を募集!

公益財団法人博報堂教育財団が、小・中学生を対象に「第2回 お気に入りの一冊をあなたへ 読書推せん文コンクール」を開催します。
本コンテストは、子どもが本を「新たに読んでみる」「もう一度読み直す」きっかけをつくり、読書を通しての感動、楽しさを体験させ、読書への関心喚起、習慣化を図ります。
好きな本を自分が読んでほしい特定の人にすすめる文章を書くことによって、自分の感動を言語化し、思いを伝えるための考える力、表現力を育みます。
小説、図鑑、マンガ、忘れられないセリフ、素敵な景色、涙を流した結末。おすすめしたい本の「何が気に入っていて」「誰に何を伝えたいのか」をご自身の言葉でお書きください。「あの人に、私の好きな本を伝えたい!」その熱い気持ちをお待ちしています。

締切
2022年09月16日 (金)
作品提出・応募締切、消印有効
●個人賞(各数十名、最大100名程度を予定) 1万円分の図書カード、表彰状
●団体賞(最大50団体程度を予定) 5万円分の図書カード、表彰状
募集内容
お気に入りの本を誰かにすすめる「読書推せん文」
※個人のオリジナルで未発表の作品に限る
※他の類似コンクールとの重複応募は不可とする

【対象図書】
お気に入りの図書
※図鑑や写真集、マンガも対象
※教科書、副読本、テキスト類、新聞、雑誌(別冊付録を含む)、パンフレット類、日本語以外で書かれた図書は対象外
※電子書籍は出版された印刷書籍を電子ファイル化したものに限る

【部門】
・小学校1~3年生の部
・小学校4~6年生の部
・中学生の部
提出物
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
●専用原稿用紙(同上)
※日本語で書かれた作品に限る
※250~300字程度
※句読点はそれぞれ1字に数えることとし、改行のための空白も1字と数える
※作品は自筆のものを提出すること(コピー、ワープロソフトは使用不可)
※自筆で書けない場合は代筆でも可(理由を添えて提出)
※応募は一冊の本に対して一人1編とする(対象図書が複数の場合は複数応募も可)
※インターネット環境がない場合は、事務局より応募書類を郵送可
参加方法
●提出物を下記提出先まで専用封筒(公式ホームページよりダウンロード)にて郵送
※団体応募の方法については、公式ホームページを参照
※海外からの応募方法については、下記の提出先・問合先項目を参照
参加資格
小中学生
参加費
無し
審査員
大滝一登(文部科学省 視学官)
久米絵美里(児童文学作家)
佐久間亜紀(慶應義塾大学 教授)
中馬 淳(公益財団法人博報堂教育財団 常務理事)
ひきたよしあき(作家、コラムニスト)
山元隆春(広島大学 教授)
結果発表
2023年3月頃、公式ホームページにて発表
※全国の新聞各紙に入賞者が掲載
著作権の扱い
入賞作品の著作権は、選出と同時に主催者に譲渡
ただし、本人および在籍校・所属グループにおける利用は妨げない
主催
公益財団法人博報堂教育財団
提出先・問合先

〒703-8790
日本郵便株式会社 岡山東郵便局 私書箱18号
お気に入りの一冊をあなたへ 読書推せん文コンクール事務局 TR係
tel : 0120-564-772 / fax : 03-6686-6127
※平日9:00~17:00

【海外からの問合専用】
mail : okiniiri@contact-info.jp