あと31

e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト 2020

締切
2020年09月15日 (火)
事前登録締切、必着
●グランプリ(1点) 賞金30万円
●飯塚市長賞(1点) 副賞
●協賛企業賞(各1点) 副賞
※グランプリには、インキュベーション施設の1年間無料貸し出しを検討中
募集内容
テーマにそったスマートフォンまたはタブレット端末向けアプリケーション等の開発
※スマートフォン、タブレットPC等で動作する作品
※OSや開発言語は不問
※いわゆるネイティブアプリ、Webアプリのいずれでも応募可
※すべてオリジナルかつ未発表・未公開(他への使用許諾をしていないこと、またその交渉過程にないことを含む)の作品に限る
※既に発表した作品でも表現方法や機能等を改良してあれば応募できるものとする
【テーマ】
「5Gを連想させる、スマホが浸透していく未来の生活」
~生活に浸透するスマホをどう使う?~
来る、次世代通信システム“5G”を見据えたアプリケーション
【部門】
(1)ビジネス部門:社会をより良くするために解決されるべき課題やイノベーション(技術革新)を考えて、マネタイズも視野に事業化を目指していく部門
(2)バズって部門:奇抜なアイデアや世の中にないもの、誰も作ったことのない面白いもの、SNSで有名になるようなアプリ開発を目指す部門
提出物
●アプリケーション企画書(公式ホームページよりダウンロード)
※特別なノウハウや営業上の秘密事項については、法的保護を行う等、応募者の責任で対応すること
※日本語で記入すること
●サンプル動画(任意)
※応募予定のアプリケーションの動作状況等を記録した動画ファイル
参加方法
公式ホームページのエントリーフォームより登録
参加資格
個人またはグループ
※居住地、学生、社会人は不問
※グループで応募する場合は参加者全員が応募の条件、留意事項等を了解した上で代表者を定めて応募すること
※応募者(グループの構成員を含む)が会社所属の場合、会社側とトラブルとならないよう、所属長等の理解を得た上で応募すること
※応募者(グループの構成員を含む)が未成年である場合は、親権者の同意を得た上で応募すること
参加費
無し
審査員
●審査員長
木暮祐一(モバイル研究家、青森公立大学 准教授)
●審査員
今津研太郎(株式会社TRIART 代表取締役)
小西直樹(九州工業大学 情報工学部 准教授)
清水弘一(株式会社リンクトブレイン 代表取締役)
山﨑重一郎(近畿大学 産業理工学部 教授)
矢崎飛鳥(Engadget Japan 編集長)
湯野康隆(株式会社インプレス・トラベル Watch 編集長)
本荘修二(多摩大学客員教授 本荘事務所代表)※依頼中
結果発表
2020年11月21日、最終審査会(工大祭)にて
著作権の扱い
応募作品にかかる著作権その他の知的財産権は、協賛企業から作品制作のために提供を受けた当該企業の商標やロゴ画像、キャラクターその他素材に関する権利を除き、応募者に留保される
主催
福岡県飯塚市
提出先・問合先

〒820-8501
福岡県飯塚市新立岩5-5
飯塚市役所 経済部 産学振興課 産学振興係 TR係
tel : 0948-22-5500 / fax : 0948-22-6062
mail : sangaku2@city.iizuka.lg.jp