あと24

デジタルえほんアワード 2020

締切
2020年12月18日 (金)
作品提出・応募締切、必着
●グランプリ 表彰
●準グランプリ 表彰
●ラフ&ピース マザー賞 表彰
●審査員特別賞 表彰
他賞あり
募集内容
2020年12月18日までの間に制作された、「デジタルえほん」作品
※アプリ、フラッシュ、AR等、フォーマットや対応端末は不問
※審査する上で鑑賞可能な子ども向けデジタル表現作品や教材
【部門】
(1)一般部門
(2)キッズ部門
デジタルえほんとは:パソコン、タブレット、スマートフォン、電子書籍、デジタルサイネージ、電子黒板、テレビなど、あらゆるデジタルデバイスを含む、こども向けデジタル表現
提出物
●作品
※同一コンテンツ内で複数コンテンツを体験・鑑賞できる作品は、一つの作品としてエントリーすること
※作品や補足資料等大容量のものを送付する場合、「無料ファイル送信サービス」等(保存期間を7日間に指定)を利用の上、URLをエントリーフォームに記載すること
※応募点数は不問、ただし複数作品を応募する場合は、1作品につき1回の応募を必要とする
※複数人で共同制作した作品を応募することも可
【実物の作品の提供・貸与・送付が可能な場合(アプリケーション、映像、Web、デジタルトイ等)】
※ブラウザ上で閲覧可能なURL、無料のアプリケーションの場合は配信元のURL、有料の場合はプロモーションコード(1作品につき二つ)を提出すること
※玩具や書籍等を伴う作品の場合は、可能な範囲で事務局へ送付することを推奨する
※未配信のアプリ作品のエントリーは要問合せ
【実物の作品の提供・貸与・送付が難しい場合(大型展示作品、インスタレーション、特殊な端末が必要な作品や郵送時に破損の恐れがある作品等)】
※作品の詳細がわかる紹介映像や写真、資料等を送付すること
参加方法
公式ホームページのエントリフォームより投稿
参加資格
【一般部門】
個人、チーム、団体、法人、国籍、年齢、性別等不問
【キッズ部門】
中学生以下
※学校・塾・チーム等での応募も可
※国籍、年齢、性別等不問
参加費
無し
審査員
角川歴彦(株式会社KADOKAWA 取締役会長)
川村真司(Whatever チーフクリエイティブオフィサー)
きむらゆういち(絵本作家)
木村祐一(お笑い芸人)
季里(女子美術大学アート・デザイン表現学科 メディア表現領域 教授)
榊原洋一(医学博士、お茶の水女子大学 名誉教授)
矢部太郎(カラテカ)(お笑い芸人、漫画家)
石戸奈々子(国際デジタルえほんフェア実行委員長、NPO法人 CANVAS 理事長、慶應義塾大学 教授)
藤形正敬(株式会社ラフ&ピースマザー 取締役)
著作権の扱い
応募作品の産業財産権、著作権等のすべての知的財産権は応募者に帰属
主催
国際デジタルえほんフェア実行委員会
共催:CANVAS
提出先・問合先

【問合先】
〒105-7508
東京都港区海岸1-7-1 東京ポートシティ竹芝オフィスタワー8階 CiP内
デジタルえほんアワード運営事務局 TR係
mail : info@digitalehonaward.net