あと5

Brillia Art Award 2022

一言コメント
東京建物Brilliaが空間を自由に彩る作品を募集!

東京建物のマンションブランドBrilliaは、次世代を切り開く先進性を持ったアーティストとの出会い・応援を目指し、5回目となる公募展「Brillia Art Award 2022」を開催します。
入賞作品は、JR線 東京駅より徒歩4分の東京建物八重洲ビル 1階 Brillia Loungeのギャラリースペース「THE GALLERY」に、約4カ月間展示されます。
アートは、創る人や見る人、関わる人の心を動かし、想像力や多様性の意識を育みます。自分らしく、心豊かに過ごすために、一日一日を大切に考えるためのきっかけの一つ。Brilliaは、住まいと暮らしのプロフェッショナルとしてアート活動を応援します。

締切
2021年10月31日 (日)
作品プラン提出・応募書類締切、当日消印有効
●大賞(1組) 賞金20万円
●入選(3組) 制作補助金30万円、THE GALLERYにて作品展示
※入選の中から大賞を決定
募集内容
マンションブランド「Brillia」の東京建物本社ギャラリーを彩る作品プラン
※ジャンル、手法、素材、形態などは不問
※設置する場所を想定すること
※約4カ月の展示期間に耐えうる強度を前提とする
※高さ2700×幅1485×奥行き3145mmのスペースに展示可能な作品
※未発表の作品に限る
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
●作品資料
※作品プランの概要・意図・イメージなどをまとめたもの
※A4用紙3枚まで
※応募書類は(正)と(副)の2部を提出
参加方法
提出物を下記提出先まで郵送
参加資格
応募時点で45歳以下の方
※グループの場合、全員が条件を満たすこと
参加費
無し
審査員
小山登美夫(小山登美夫ギャラリー株式会社 代表取締役)
野老朝雄(美術家)
坂本浩章(公益財団法人彫刻の森芸術文化財団)
大久保昌之(東京建物株式会社 執行役員 住宅事業企画部長)
鹿島康弘(同 住宅事業企画部 CRM 室長)
結果発表
2021年12月下旬、公式ホームページにて入選作品を発表
2022年2月上旬から展示を順次行い、12月頃に大賞を発表予定
著作権の扱い
作品の著作権は応募者に帰属
ただし、主催者は入選作品の展示、広告用印刷物、ホームページ、その他の媒体への掲載、図録への掲載、入選作品に関する物品の製作など、展覧会の運営および広報に関して自由に利用し、またその一部を修正・翻案することができるものとする
主催
東京建物株式会社
提出先・問合先

〒105-0012
東京都港区芝大門2-3-17 ベル88大門 2F
有限会社グローバルネットワーク
「Brillia Art Award 2022」 運営事務局 TR係
mail : brilliaartaward@globaln.co.jp

関連記事