あと31

防波堤アート 作品公募

福岡県は国内外の旅行者を対象に、自転車を新たな体験型観光に活用していくことに力を入れており、2018年5月に、「福岡県サイクルツーリズム推進協議会」を設立。風光明媚な自転車道等を活用した10の広域モデルルートを設定しています。
中でも「宗像・直方ルート」は、真っ白な砂浜海岸が美しい玄海国定公園内を走りながら、雄大な玄界灘の景色とともに、潮騒や潮の香りを堪能できる福岡が世界に誇るサイクリングロードです。
サイクリングの拠点となる休憩所やサイクリストが集まるカフェの前にある防波堤をキャンバスとして、全国の若いアーティストを対象に、「防波堤アート」を公募することとしました。
受賞者には、現地で10日間程度滞在していただき、地元の若者と共同しながら作品を作成していただきます。若手アーティストの育成と地元の若者の成長を促進することにつながることも期待していますので、多くの皆様からのご応募をお待ちしています。

締切
2020年11月26日 (木)
作品提出・応募締切 17:00まで
※メール応募の場合は23:59まで
●大賞(2点) 賞金10万円、材料費、滞在期間中の日給
募集内容
未発表でオリジナルの防波堤アート
※現地滞在制作は、2021年2月下旬~3月初旬の約10日間
※指定期間内で制作可能な作品に限る
※グラデーションやぼかし等の表現など、複雑な描写が再現できない場合あり
※A地区は国定公園特別地域内にあるため、色彩や作風は自然景観と調和したものとする
※複数応募可
※詳細は公式ホームページを参照

【施工場所】
A地区:観光ステーション「北斗七星」と波津海水浴場に面した防波堤
B地区:東向きに響灘に面した防波堤
※高さ約1m、幅10m、総面積 約10平米
提出物
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
●作品提案書
※作品タイトル・コンセプト・制作方法・使用画材・制作スケジュール
●作品デザイン画(同上)
※データの場合は、CMYKのpdfファイル、または解像度300dpi程度のjpegファイル
※紙に描いた原画の場合は、A3相当の用紙を使用
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
提出物を下記提出先までメールにて送付、または郵送もしくは持参
※メールの場合は、提出物をzipファイルに圧縮し提出(アップロードサービスの利用も可)
参加資格
・防波堤アートの趣旨を理解されている方
・日本国内在住の18~39歳の若手アーティストの方
・一定期間岡垣町に滞在し責任を持って制作できる方
参加費
無し
審査員
森本千絵(株式会社goen° 主宰、アートディレクター)
大方優子(九州産業大学 地域共創学部 観光学科 教授)
池田美奈子(九州大学大学院 芸術工学研究所 准教授)
魚里洋一(福岡県立美術館 副館長 兼 学芸課長)
結果発表
2020年12月24日、公式ホームページにて発表
著作権の扱い
受賞作品の著作権は福岡県に帰属
主催
岡垣町観光協会
提出先・問合先

〒807-0831
福岡県北九州市八幡西区則松3-7-1
福岡県北九州県土整備事務所 道路課 担当:森
tel : 093-691-2736 / fax : 093-691-2921
mail : info@bouhatei-art.site