あと133

第21回 坊っちゃん文学賞 作品募集 [PR]

一言コメント
愛媛県松山市が主催するショートショート専門の文学賞

「坊っちゃん文学賞」は、市制100周年を機に、近代俳句の父・正岡子規を生み、明治の文豪・夏目漱石の小説『坊っちやん』に描かれた街という、松山市の豊かな文学的土壌を生かして、新しい青春文学の創造と本市の文化的なイメージを高め、全国にPRするため昭和63年に創設しました。受賞後も活躍を続ける作家や人気作品を生み出しています。
第16回からはショートショートの文学賞としてリニューアル。第20回は全国47都道府県に加えて海外からも作品が寄せられ、8,014点の応募をいただきました。また、作品の原文をそのまま用いる「よみ芝居」公演は、多くの皆さんから大変好評で、今年も公演を行います。
ショートショートは、書く楽しさを感じてもらいやすく、世代を問わず参加でき、文学の間口を広げる力があります。俳句と同じく短いことばで表現する特長を生かし、この賞を「文学の入り口」として、これまで本市が取り組んできた「ことばと文学のまち松山」の魅力をさらに広く発信したいと考えています。

締切
2024年09月30日 (月)
作品提出・応募締切、必着
●大賞(1名) 賞金50万円、作品を雑誌「ダ・ヴィンチ」に掲載
●佳作(5名) 賞金10万円
募集内容
4,000字以内のショートショート
※テーマは不問
※未発表のオリジナル作品に限る
※複数応募可
提出物
●作品
※原稿の体裁、書式、縦書き、横書きは不問
※日本語に限る
※下記の必要事項を明記
作品タイトル・著者名(公開可能な名前)・本名・生年月日・職業・郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス(あれば)・賞を知った経緯・過去の坊っちゃん文学賞応募の有無
参加方法
公式ホームページの応募フォームより、または提出物を下記提出先まで郵送
参加資格
不問
参加費
無し
審査員
●審査員長
田丸雅智(小説家、ショートショート作家)

●審査員
大原さやか(声優、ナレーター)
山戸結希(映画監督)
結果発表
2025年1月末~2月ごろ、表彰式にて発表予定
著作権の扱い
大賞、佳作受賞作品の著作権は主催者に帰属
主催
松山市
提出先・問合先

【提出先】
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-12-8-2F
株式会社パシフィックボイス「第21回 坊っちゃん文学賞」係

【問合先】
松山市役所 文化・ことば課
tel : 089-948-6634 / fax : 089-934-1913
mail : bocchan@city.matsuyama.ehime.jp

関連記事