あと54

第10回 あさごアートコンペティション 2022

朝来市は、日本近代洋画壇で活躍した白瀧幾之助や和田三造、青山熊治らを、また、彫刻界では淀井敏夫や木村 敏ら多くの逸材を世に送り出しています。
この歴史的、文化的な背景を継続し、次代につないでいくため、1994年から全国規模の公募展「朝来2001野外彫刻展in多々良木」を、2002年からは「あさご芸術の森大賞展」を企画・開催してきました。
2012年、これらを発展的に改変し、新たに「あさごアートコンペティション(A.A.C.)」を立ち上げました。
幅広く新進気鋭の作家を発掘する、あるいは、充実した作家活動をさらに支援することを目的に、隔年で野外彫刻と館内作品を募集しています。
現在、朝来市では国道312号線からあさご芸術の森美術館までの間を、季節ごとに異なる表情を見せる豊かな自然環境を生かし、誰もが心を遊ばせ、感動を呼び起こすことのできる、日常とはかけ離れた「異空間」として整備を進めています。
今回のA.A.C.では、その指定場所に恒久設置する野外彫刻作品をマケット(模型)で公募します。

締切
2022年08月22日 (月)
作品提出・応募締切、必着
※作品搬入は9月1日~3日
●大賞(1点) 賞金400万円
※実作品・台座・マケット制作、運搬・設置含む買取賞金
●優秀賞(3点) 賞金10万円
●スポンサー賞(3点) 賞金または副賞
●入選(15点以内)
●特別賞(若干名)
※入賞作家の中から、オーストラリア(パース、シドニー)にて行われる国際野外彫刻展「スカルプチャー・バイ・ザ・シー」への出品を推薦
※該当なしの場合あり
募集内容
テーマにそった未発表でオリジナルの野外設置作品
【テーマ】
異空間:遊び心・こども心
※素材は不問
※高さ・幅(正面)・奥行きの合計が120cm以内(台座含む)のマケットで、応募者自身であさご芸術の森美術館 2階展示室へ運搬可能な作品
※個展・卒業制作・学校展・Web上で発表したのみの作品は未発表とみなす
※複数応募可
※詳細は公式ホームページを参照

【開催概要】
会期:2022年9月17日~10月30日
会場:あさご芸術の森美術館
提出物
●応募票(公式ホームページよりダウンロード)
※宛名面に63円切手を貼り付け
●84円切手 1枚
●出品料
※銀行振り込みの場合は明細書、コピー可

【特別賞への推薦希望の場合】
●野外作品の写真
※設置実績がある場合のみ
※A4用紙に下記の必要事項を明記
氏名・素材・サイズ・重量・制作年・設置場所
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
提出物を下記提出先まで郵送または持参
※受付完了後に作品を搬入
参加資格
不問
参加費
出品料
1点 5000円
※2022年8月22日時点で25歳以下の場合は3000円
※(税込)の表記がない場合、総額については直接主催者にお問い合わせください
審査員
橋本善八(世田谷美術館 副館長)
山﨑 均(神戸芸術工科大学 教授)
織作峰子(写真家、大阪芸術大学 教授)
椿野浩二(平面造形作家)
藤岡 勇(朝来市長)
結果発表
2022年9月12日以降、審査結果通知書を発送するほか、公式ホームページにて発表
著作権の扱い
入賞・入選作品の著作権は制作者に帰属
ただし、作品展の広報、図録などの印刷物への利用を無償で許諾するものとする
主催
朝来市、あさご芸術の森美術館
提出先・問合先

〒679-3423
兵庫県朝来市多々良木739-3
あさご芸術の森公募展事務局 TR係
tel : 079-670-4111 / fax : 079-670-4113
mail : art-village@city.asago.lg.jp

関連記事