募集終了

第10回 朝日学生新聞社児童文学賞

締切
2019年01月15日 (火)
作品提出・応募締切、必着
●朝日学生新聞社児童文学賞 賞状、賞金50万円、紙面に連載後、書籍として出版
【小学生部門】
●朝日小学生新聞賞 賞状、5万円の図書カード、朝日小学生新聞紙面に掲載
募集内容
小学校高学年向けの小説
※ミステリーやファンタジー等を含め、内容・形式は自由
※日本語で書かれた未発表の自作に限る(営利を目的としない媒体での掲載は可)
※他の賞への二重応募は不可
提出物
●作品
※原稿は2部提出すること
※字数は400字詰め原稿用紙(A4判、縦書き)で210~230枚
※パソコン等による原稿の場合は、A4判の用紙を横長に使って20字×35行(縦書き)で印字
※原稿には2部とも、ページ番号をふり、表紙に以下の事項を記入すること
題名・氏名(ペンネームの場合、本名も必ず書くこと)・年齢・性別・職業/学校名・郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス・略歴・400字詰め原稿用紙の枚数(パソコン等による原稿の場合は400字詰め原稿用紙に換算した枚数)
【小学生部門】
※字数は400字詰め原稿用紙(A4判、縦書き)で20~25枚
※パソコン等による原稿の場合は、A4判の用紙を横長に使って20字×35行(縦書き)で印字
※原稿には2部とも、ページ番号をふり、表紙に以下の事項を記入すること
題名・氏名(ペンネームも可、ただし本名も必ず書くこと)・学年・性別・学校名・郵便番号・住所・電話番号・あればメールアドレス・400字詰め原稿用紙の枚数(パソコン等による原稿の場合は400字詰め原稿用紙に換算した枚数)
※必ず自作の作品を応募すること
参加方法
提出物を下記提出先まで送付
参加資格
中学生以上
※国籍、プロ、アマは不問、ただし過去に本賞を受賞したことがある人、朝日学生新聞社から書籍を出版したことがある人は応募不可
※小学生部門は小学生のみ
参加費
無し
審査員
鈴江 夏(横浜市中央図書館企画運営課司書)
牧岡優美子(東京都中野区立緑野小学校副校長)
朝日小学生新聞読者の小学生数人
脇阪嘉明(朝日学生新聞社代表取締役社長)
松本宏樹(同編集部部長)
植田幸司(同出版・新コンテンツ部部長)
結果発表
2019年3月中旬、朝日小学生新聞紙面および公式ホームページにて
著作権の扱い
受賞作の著作権は作者本人に帰属、ただし発表の日から10年間は朝日学生新聞社(または朝日学生新聞社指定の出版社)からしか出版できないものとする
※小学生部門の受賞作の著作権は作者本人に帰属
主催
朝日学生新聞社
提出先・問合先

〒104-8433
東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞社新館9階
朝日学生新聞社
「朝日学生新聞社児童文学賞」 TR係