あと16

山梨アートプロジェクト 2021

締切
2021年06月30日 (水)
作品提出・応募締切、必着
●賞 制作費50~100万円を支給
※支払いは原則撤収後の精算払いとする
※最終的な金額は、予算見積の提出等を経て決定する
※ワークショップ委託費、会期中の座談会出席報償費は別途支給
募集内容
「山梨アートプロジェクト 2021」のプラン
※2021年11月16日(火)~12月12日(日)(予定)に開催する「山梨アートプロジェクト 2021」へ参加するアーティスト(個人・団体)によるアートプロジェクトプラン
※山梨やその土地の特徴や物語、歴史、文化、自然等を掘り起こし、未来に向けてのストーリーを紡ぐような内容であること
※指定する三つのエリア(〈1〉北池〈2〉ミュージアムコート〈3〉甲府市藤村記念館)のうち、希望するエリアで展開するアートプロジェクトのプランであること
※地域の人々を対象としたワークショップを、会期中1回実施するプランにすること
※希望者は、甲府市内にある指定のアーティスト・イン・レジデンスに一定期間滞在しながら制作する「レジデンス・コース」を選択することも可能
※平面、立体、インスタレーション、パフォーマンス等、発表形態は不問
※指定する三つのエリアから、希望エリアを選択することが可能(設置物は指定エリア範囲内におさめること)
※詳細は公式ホームページを参照
提出物
●提出物
(1)応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
※先頭ページに添付すること
(2)プロジェクトプラン提案書
※コンセプト、図面、制作物リスト、ワークショップの内容
※A4サイズ、10枚以内
(3)経歴書
※A4サイズ1枚程度
※今までの制作がわかる資料(ポートフォリオ、出版物等/A4サイズ程度)
※映像や音楽等の作品に限り、DVDやCDの添付も可
(4)プロジェクトプランを実施するために必要な経費の概算見積書(公式ホームページよりダウンロード)
※材料費、交通費等
(5)反社会的勢力でないことを証明する誓約書(公式ホームページよりダウンロード)
※(1)~(4)は、紙で6部ずつ、および、すべてのデータを記録したDVDあるいはSDカード1部
※(5)は紙で1部
※言語は日本語のみとする
※応募は一人1点とする
参加方法
提出物を下記提出先まで追跡ができる方法で郵送
参加資格
●山梨県にゆかりがある方
※県出身、県在住・在学・在勤をしている、あるいはその経験がある、県内に別荘やアトリエがある、県内に親族がいる(いた)等
※上記に該当しないが山梨で制作をしたいという方は「レジデンス・コース」(公式ホームページ参照)を選択すれば応募可
●年齢、国籍、プロ・アマは不問、ただし日本語でコミュニケーションが取れる方に限る
※スタッフとのやり取りの他、会期中の座談会に出席するものとする
●選考された場合、実際に制作・発表できる方
参加費
無し
審査員
青柳正規(山梨県立美術館 館長)
井澤英理子(山梨県立美術館 学芸幹)
開発好明(アーティスト)
坂本 泉(アーティスト・イン・レジデンス山梨[AIRY] 代表)
平野千枝子(山梨大学大学院 准教授)
向山富士雄(南アルプス市立美術館 館長)
結果発表
2021年8月下旬ごろ、応募者全員にメールで通知するとともに、公式ホームページにて発表
著作権の扱い
プランおよび作品の著作権は応募者に帰属
主催
山梨県立美術館
提出先・問合先

〒400-0065
山梨県甲府市貢川1-4-27
山梨県立美術館
山梨アートプロジェクト2021事務局
mail : bijutsukan@pref.yamanashi.lg.jp