募集終了

清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2020 作品公募

一言コメント
テーマ「記憶のゆくえ」を自由に表現した作品を募集

古来、豊かな自然に恵まれ、森林を源とする「清流」が県内をあまねく流れる岐阜県。岐阜県では、想像力あふれる新たな才能の発掘と育成を目的に、企画公募展「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2020」を開催します。
第2回のテーマは「記憶のゆくえ」。4.8×4.8×3.6mのキューブを無限の小宇宙に見立て、テーマを自由に表現してください。世代やジャンルは問わず、作家、鑑賞者とも今日の息吹を感じることができるトリエンナーレを目指します。

締切
2019年05月13日 (月)
17:00必着
※作品設置は2020年3月下旬~4月上旬
●大賞(1点) 賞金500万円
●審査員賞 賞金100万円
●入選(18点程度) 賞金50万円
募集内容
テーマを自由に表現したアート作品
幅4.8×奥行4.8×高さ3.6mのキューブ空間で展示できること
【テーマ】
記憶のゆくえ
※ジャンル・技法等は自由
※応募は一人(1グループ)1点まで
※詳細は公式ホームページを参照

【開催概要】
会期:2020年4月18日(土)~6月14日(日) 10:00~18:00(予定、月曜日休館)
会場:岐阜県美術館 展示室および庭園、岐阜県図書館 庭園
展示:18点程度
※第3金曜日は20:00まで
提出物
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
●作品企画書 4種類(同上)
●任意提出資料
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
公式ホームページのエントリーフォームより、または提出物を下記提出先まで郵送
参加資格
Art Award IN THE CUBE 2020の趣旨を理解し、選考された場合には作品の完成まで責任を持って取り組める方
参加費
5000円
審査員
遠藤利克(彫刻家)
川口隆夫(ダンサー、パフォーマー)
篠原資明(詩人、美術評論家、高松市美術館 館長)
高嶺 格(美術家、秋田公立美術大学 教授)
福岡伸一(生物学者、青山学院大学 教授)
藤森照信(建築家、東京都江戸東京博物館 館長)
村瀬恭子(画家、多摩美術大学 教授)
結果発表
【一次審査】
2019年8月下旬、応募者に通知するほか、公式ホームページにて発表
【最終審査】
2020年4月中旬、出品者に通知するほか、公式ホームページにて発表
著作権の扱い
応募作品および応募資料の著作権(パフォーマンス作品やイベントを含む)は作者に帰属
主催
清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 実行委員会、岐阜県
提出先・問合先

〒500-8828
岐阜県岐阜市若宮町 9-16 トーカイビル 3F
清流の国ぎふ芸術祭
Art Award IN THE CUBE 実行委員会事務局応募受付 TR係
tel : 052-471-2203(平日9:00~17:30) / fax : 052-482-6210

関連記事