あと19

第2回 全日本芸術公募展

一言コメント
大賞賞金300万円 素敵な作品を楽しみにしています

「第2回 全日本芸術公募展」は、従来の公募展のような芸術家目線での選考や過去の経歴に一切とらわれることなく、感性や可能性に重きを置く公募展です。日本国内のみならず、世界に発信できる新鋭アーティストを広く募集します。
申し込みに際しては経歴も学歴も過去の実績も、一切不要。「今」の感性、「今」の作品のみで審査します。

締切
2019年11月10日 (日)
作品提出・応募締切、必着
●全日本芸術大賞(1名) 賞金300万円、賞状、大賞展開催
●審査員特別賞(最大3名) 賞金10万円、賞状、全日本芸術公募展入選者展
●入選(最大5名) 賞状、全日本芸術公募展入選者展
●佳作(複数名) 賞状、全日本芸術公募展入選者展優遇参加権
●奨励賞(複数名) 全日本芸術公募展入選者展優遇参加権
募集内容
オリジナルの芸術作品
※テーマは不問
※平面、立体他形式、様式、手法、材料等は不問
※自主制作の作品であること
提出物
●作品画像
※1作品2枚以内、1枚は全体のわかるものとする
※メールでの応募の場合は、画像サイズは1枚3MB以内とする
※郵送での応募の場合は、作品画像収録記録媒体もしくは作品画像の印刷物を提出
●申込書(公式ホームページよりダウンロード)
※以下の事項を記入すること
作品名・作品サイズ・作品の説明コメント(200字以内)・作家名・住所・メールアドレス
※応募は一人最大3点まで
参加方法
提出物を下記提出先まで郵送、もしくはメールにて送付
参加資格
不問
参加費
審査料
1点 9500円、2点 1万5000円、3点 2万円
審査員
SouMa(切り絵作家、第一回全日本芸術公募展大賞受賞者)
藤田浩治(株式会社M'sコンサルティング 代表取締役社長)
富本一幸(株式会社トラベルニュース社 編集長)
松浦久美子(有限会社ウィン 代表取締役社長)
結果発表
2019年12月20日、公式ホームページにて
著作権の扱い
応募作品の著作権は作家に帰属
ただし、全日本芸術公募展に関わる印刷物およびプロモーションに関わる広報、インターネット上への掲載に関する著作権使用の権利は全日本芸術公募展実行委員会が有するものとする
主催
全日本芸術公募展実行委員会
提出先・問合先

〒531-0041
大阪市北区天神橋7-12-14 グレーシィ天神橋301
全日本芸術公募展実行委員会 TR係
tel : 06-6314-6038
mail : hamaguchi@msconsulting.in

関連リンク

関連記事