あと31

芦屋国際芸術映画祭 コンペティション

締切
2024年05月15日 (水)
作品提出・応募締切、必着
●グランプリ 賞金20万円(コンペティション部門のみ)、記念品、その他副賞
※複数作品が選ばれた場合には賞金は分配とする
●観客賞 記念品、その他副賞
●主演俳優賞 記念品、その他副賞
●助演俳優賞 記念品、その他副賞
●脚本賞 記念品、その他副賞
●ベストチームワーク賞 記念品、その他副賞
他賞あり
募集内容
コロナ禍以降(2021年1月1日以降)に完成した自主制作映画
※テーマ、ジャンルは不問
※外国語作品の場合は日本語字幕を付けるか日本語吹替をすることとする
※配信サイトやYouTube等で作品全編を一般公開している作品も応募可、ただし、本映画祭に入選した場合には映画祭の期間中やその前後は、オンライン視聴ができないようにすることとする
※応募時点より本映画祭までに上映予定がある場合にはその旨を報告することとする
※音楽著作権、映像著作権等の権利処理を済ませた上で応募すること
【部門】
(1)コンペティション部門:応募資格を満たす30分以内の映画作品
(2)だれもがカメラを持つ時代だ部門(だれカメ部門):応募資格を満たす5分以内の映画作品
提出物
●スクリーナーURL
※YouTube、Viemo等の本編リンクのURL
※ダウンロードではなく、ストリーミング再生の形とする
※以下の事項を記入すること
メールアドレス・応募カテゴリー(コンペティション部門/だれもがカメラを持つ時代だ部門〈だれカメ部門〉)・作品名(ふりがな)・パスワード(スクリーナーにパスワードをかけている場合)・分数・制作年・制作国・本作の他の映画祭、劇場での上映歴(ない場合は「なし」)・あらすじ(200字以内)・スタッフ・キャスト他
参加方法
公式ホームページの応募フォームよりエントリー
参加資格
監督はコンペティション当日のプログラムおよび授賞式に出席できることとする
※制作者の在住地、年齢、経験は不問
参加費
出品料1作品につきコンペティション部門:2000円だれもがカメラを持つ時代だ部門(だれカメ部門):1000円
結果発表
2024年7月中旬、公式ホームページにて
著作権の扱い
主催者にお問い合わせください
主催
芦屋国際芸術映画祭実行委員会事務局
提出先・問合先

公式ホームページ内の問合せフォームより