募集終了

第13回網走映画祭 令和2年(第2回)映画コンペティション

各地の映画祭や映画コンペティションは、新型コロナ感染症拡大防止の観点から中止や延期を余儀なくされています。

この時だからこそ、“映画”の輝きを発見し未来へつなぐため、今年も映画コンペティションの開催が決定しました!

映画監督の才能を発掘・奨励し、ノミネート(招待作品)を発表します。北海道・網走ゆかりの作品は大歓迎。奮ってご応募ください。

「オホーツク網走フィルムフェスティバル」(網走映画祭)は、高倉健主演・石井輝男監督の“網走番外地シリーズ”をはじめ、北海道・オホーツク・網走のロケ作品など地域ゆかりの映画、様々なジャンルの国内外の秀作映画を上映しています。
映画上映のほか、映画関係者による“映画対談”、映画監督と短編映画をつくる“映画教室”、映画人との交流会などを実施。観客、映画人、住民という三者の出会いの場を提供することで、映画(映像)文化に親しむ環境を創出して映画ファンの裾野を広げ、地域の魅力を伝えることを意図しています。

網走映画祭は、新型コロナ感染防止対策を行い、令和2年11月27日から29日まで開催する予定です。

※日程等が変更する場合がありますのでご了承ください。また、オンラインでの開催の可能性があります。

締切
2020年09月05日 (土)
作品提出・応募締切、必着
●入賞(各5点予定) 「網走映画祭」正式招待
●北斗七星賞(各1点) 特産品、賞金、賞状
●ニポネ賞(各1点) 特産品、賞金、賞状
●極寒賞(各1点) 特産品、賞金、賞状
※賞金はクラウドファンディング等の状況により確定
※詳細は公式ホームページを参照
募集内容
2019年1月1日以降に完成した映画
※網走映画祭以外の発表・未発表は不問
※自主制作作品を基本とする
※ジャンルはドラマ、アニメーション、CG、ドキュメンタリーなど不問
※独創的な作品を推奨
※テーマは不問
※詳細は公式ホームページを参照

【部門】
短編コンペティション部門:20分以内の作品
中・長編コンペティション部門:20分を超える作品
提出物
●エントリーシート(公式ホームページよりダウンロード)
●作品を収めたBlu-ray もしくはDVD(NTSC方式)を計2枚必ず提出
※動画ファイル、YouTubeやVimeo、Dropboxなどのファイルストレージにアップロードした作品はURL等を明記
※タイムコードやSAMPLE表記の入った素材は不可
●応募作品の内容(趣旨・あらすじ・チラシ・ポスター)及び監督の経歴
※WordまたはExcelファイルを推奨
※チラシ・ポスターは紙面(サイズは自由)の提出を推奨

●郵便為替(参加費)
※詳細は公式ホームページを参照
参加方法
提出物を下記提出先まで郵送、または宅配便にて送付
※エントリーシートはメールまたはファックスにて送付も可
参加資格
不問
※第13回網走映画祭(2020年11月27日~29日予定)に監督が参加できることが望ましい(参加できない場合は、関係者の参加が望ましい)
参加費
短編コンペティション部門:3000円
中・長編コンペティション部門:5000円
※審査・事務手数料として
審査員
●特別審査員(審査員長)
伊藤俊也(映画監督)

●特別審査員
瀬戸恒雄(プロデューサー)
本田隆一(映画監督)

●一次審査員
三ツ橋勇二(映像ディレクター)
浅沼直也(映画監督)
辻 凪子(女優、映画監督)
松原美里(保育コミュニケーション協会 代表)
平野雅久(映画祭プロデューサー)
結果発表
2020年10月中旬までに応募者へメールにて通知
入賞以外の各賞は網走映画祭当日に発表
著作権の扱い
応募作品は、網走映画祭における上映の使用許諾を無償で承諾するものとする
また、映画祭終了後も、主催者が企画する上映・イベントに関し無償の使用許諾を承知すること
主催
オホーツク網走フィルムフェスティバル実行委員会
提出先・問合先

〒099-2421
北海道網走市呼人327番地3
オホーツク網走フィルムフェスティバル実行委員会 事務局 TR係
tel / fax : 0152-48-2775
mail : mghmg346@yahoo.co.jp

関連リンク

関連記事