あと51

第7回 ミツバチの一枚画コンクール

一言コメント
賞の数は60以上あり。応募者全員に参加賞を差し上げます。

ミツバチをテーマにした「一枚画コンクール」は、今年で7回目を迎えました。ミツバチを描きながら「自然環境の大切さ」「助け合うことの大切さ」「いのちの大切さ」など、私たちが日ごろ忘れがちな「ミツバチが教えてくれる大切なこと」を共に考えたい。そんな想いから始まったコンクールです。
あなただけの素晴らしいミツバチの世界を自由に描いてください。
株式会社山田養蜂場が社会貢献活動の一環として取り組む国内外の植樹活動で、応募作品1点につき1本の苗木を植樹します。

締切
2019年07月16日 (火)
作品提出・応募締切、消印有効
【国内作品 一般の部】
●大賞(1点) 賞金10万円、賞状、盾、副賞
●優秀賞(1点) 賞金5万円、賞状、盾、副賞
●入選(3点) 賞金1万円、賞状、副賞
●佳作(5点) 賞状、副賞

【国内作品 中高生の部】
●大賞(高校生・中学生 各1点) 5万円分の図書カード、賞状、盾、副賞
●優秀賞(高校生・中学生 各1点) 3万円分の図書カード、賞状、盾、副賞
●入選(高校生・中学生 各2点) 5000円分の図書カード、賞状、副賞
●佳作(5点) 賞状、副賞

【国内作品 小学生の部】
●大賞(高学年・低学年 各1点) 5万円分の図書カード、賞状、盾、副賞
●優秀賞(高学年・低学年 各1点) 3万円分の図書カード、賞状、盾、副賞
●入選(高学年・低学年 各2点) 5000円分の図書カード、賞状、副賞
●佳作(20点/小学生の部と幼児の部を合わせて) 賞状、副賞

【国内作品 幼児の部】
●大賞(1点) 5万円分の図書カード、賞状、盾、副賞
●優秀賞(1点) 3万円分の図書カード、賞状、盾、副賞
●入選(2点) 5000円分の図書カード、賞状、副賞
●佳作(20点/小学生の部と幼児の部を合わせて) 賞状、副賞

【海外作品】
●優秀賞(18歳以上の部 1点) 賞状、副賞
●優秀賞(17歳以下の部 2点) 賞状、副賞
●入選(18歳以上の部 3点) 賞状、副賞
●入選(17歳以下の部 6点) 賞状、副賞
※応募者全員に参加賞あり
※団体奨励賞あり
募集内容
【テーマ】
「花とミツバチ」「自然の中のミツバチ」「人とミツバチ」など、自然環境の大切さや人との関わりを感じられるミツバチを描いた絵画

【国内作品 部門】
1. 幼児の部
2. 小学生の部
3. 中高生の部
4. 一般の部

【海外作品 部門】
1. 17歳以下の部
2. 18歳以上の部
提出物
●作品
※未発表のオリジナル作品に限る
※複数応募可
※四つ切り画用紙(380×540mm)またはA3用紙(297×420mm)
※若干のサイズ違い、画用紙以外の作品も可(額入りは不可)
※油彩は紙ボードなどを推奨(厚さ10mm以内)
※表現方法および画材は自由
※裏面に応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)を貼付(1作品につき1枚)
●応募申込書(公式ホームページよりダウンロード)を同封
参加方法
提出物を下記提出先まで郵送、または宅配便にて送付
参加資格
不問
参加費
無し
審査員
●審査委員長
佐々木正己(玉川大学 名誉教授)

●審査員
今森光彦(写真家)
結城昌子(アートディレクター)
脇阪嘉明(株式会社朝日学生新聞社 代表取締役社長)
山田英生(株式会社山田養蜂場 代表取締役社長)
結果発表
2019年10月下旬、公式ホームページのほか、朝日小学生新聞および朝日中高生新聞の紙上にて発表予定
著作権の扱い
応募作品の所有権および入賞作品の著作権(著作権法第27条、第28条の権利を含む)は主催者、共催者に帰属するものとし、著作者人格権を行使しないことを前提とする
主催
株式会社山田養蜂場
共催:朝日学生新聞社
提出先・問合先

〒531-0077
大阪市北区大淀北1-6-29 凸版ビル4階
「ミツバチの一枚画コンクール」事務局 TR係
tel : 06-6452-3125(平日10:00~17:00)

関連記事