あと56

第8回 山本鼎版画大賞展

一言コメント
日本版画界の新たな扉を開く作家を募集!

芸術家・山本鼎は、明治から大正時代にかけて日本の近代版画の扉を開いた人物です。作家自身の美的感性を主軸に据えた版画の芸術的価値をいち早く認め、その確立と普及に努めました。
「山本鼎版画大賞展」は、山本が情熱を傾けた版画芸術をさらに発展させ独創性・芸術性を追求した作品を求め、また、若手作家の登竜門となるべく開催してきました。
初開催から20年を経て、第8回となる今回からより新たな表現との出合いを期待し、一次審査を画像審査とすることとしました。
日本版画界の次代を担う、みずみずしい作品の応募をお待ちしています。

締切
2020年06月01日 (月)
作品画像提出・応募締切、消印有効
●大賞(1点) 賞金100万円(買上げ)、賞状
●準大賞(2点) 賞金30万円(買上げ)、賞状
●サクラクレパス賞(1点) 賞金10万円、賞状
●優秀賞(5点) 賞金5万円、賞状
●入選(100点程度) 図録、賞状
募集内容
版による表現を行った作品
※テーマは制限なし
※2017年以降に制作した作品で、公募展に入選・入賞していない作品
※個展などで展示・発表した作品は応募可
※100×110cm以内(額装を含む)
※応募は一人1点まで
※詳細は公式ホームページを参照

【開催概要】
会期:2020年10月3日~11月8日 9:00~17:00(最終日は16:00まで)
会場:上田市立美術館 2階 企画展示室
提出物
●作品画像
※作品の全体が写っている画像を必須とし、最大4枚まで
※合計5MB以内のjpegファイル
※横1500ピクセル以上
※詳細は公式ホームページを参照

【公式ホームページより応募の場合】
●口座振込書の画像
※ネットバンキングを利用する場合は、振込元がわかる画面コピーなど

【郵送・持参の場合】
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード可)
●口座振込書のコピー
●作品画像を収めたCD-R
参加方法
公式ホームページの応募フォームより、または提出物を下記提出先まで郵送または持参
※一次審査通過者は展示会場に作品を搬入
参加資格
不問
※ただし、日本国内から応募できること
参加費
5000円
審査員
岩渕貞哉(『美術手帖』編集長)
遠藤竜太(版画家、武蔵野美術大学 教授)
木村秀樹(画家、版画家、京都市立芸術大学 名誉教授)
倉地比沙支(版画家、愛知県立芸術大学 教授)
古谷博子(版画家、多摩美術大学 教授)
結果発表
【一次審査】
2020年6月末日までに通知
【最終審査】
8月中旬までに通知
著作権の扱い
買上作品の著作権、入賞・入選作品の本展に関係する出版物等への版権は主催者に属するものとする
主催
山本鼎版画大賞展実行委員会、上田市、上田市教育委員会
協賛:株式会社サクラクレパス
提出先・問合先

〒386-0025
長野県上田市天神3-15-15
サントミューゼ 上田市立美術館「山本鼎版画大賞展」 TR係
tel : 0268-27-2300(直通)
mail : hangataisho-ten@city.ueda.nagano.jp
※受付 休館日を除く9:00~17:00
※火曜日休館(祝日の場合は翌日)

関連記事