賞および審査基準
賞の種類
  • KUKAN OF THE YEAR/日本経済新聞社賞 2019
  • 金賞作品からファイナル審査にて選出された作品(1〜3作品)

  • 金賞
  • 11作品(各カテゴリーから金賞を選定)

  • 銀賞
  • 11作品(各カテゴリーから銀賞を選定)

  • 銅賞
  • 11作品(各カテゴリーから銅賞を選定)

  • BEST100(Short List)
  • 三次審査にノミネートされた作品

  • 入選(Long List)
  • 二次審査にノミネートされた作品

審査基準
  • 時代性
  • トレンドを反映し、空間デザインによって社会に変革をもたらしている作品。時代を先取りした表現など。

  • 創造性
  • アイディア溢れるクリエーションが行われ、構想力に秀いでた作品。

  • 社会性
  • 社会性や地域の特性を意識し、環境との調和に配慮されたデザイン。ユニバーサルデザイン、サスティナビリティーが強く考慮されているデザイン。など社会的な影響力が高い作品。

  • 文化性
  • 国、地域の歴史・文化を捉えたり、モノ、コトを効果的に伝えるなど文化的なメッセージを発する作品。

  • 意匠性
  • 美しさの表現に秀逸、新しい表現方法を用いている、などデザイン性に富んでいる作品。

  • 革新性
  • 今まで見たことのないデザイン、まったく新しいアイディアによって、イノベーションを起こした作品。

掲載発表等
  • 審査結果は本サイトにて発表いたします。
  • BEST100(Short List) および入選(Long List)は本サイトにて掲載予定です。
  • BEST100(Short List)作品は、 「年鑑日本の空間デザイン2020」(内外版)に収録されます。重複作品やシリーズの場合は、一部作品が省略される場合 があります。年鑑掲載に必要な写真原稿等は、応募者の責任において速やかに指定の出版社へ提出してください。年鑑の編集は、(一社)日本空間デザイン協会.(一社)日本商環境デザイン協会 ・(一社)日本サインデザイン協会が別に設ける 「空間デザイン機構年鑑刊行委員会」が行います。
  • 体裁:上製本  発行予定:2019年12月

  • 各賞の受賞者には、協会のセミナーなどの講演をお願いする場合がこざいます。
  • 各賞作品は、全国主要都市で巡回展示を予定しています。
  • 2020年2月3日から2週間「GOOD DESIGN MARUNOUCHI」にて「日本空間デザイン賞展2020」発表会を予定。