日本空間デザイン賞

日本の空間デザインの新しい価値を創造し世界に貢献する

時代の流れとともに、空間デザインは、ショーウィンドウディスプレイから都市空間の規模にまで拡大し、さらに高次元のコミュニケーションデザインや、ホスピタリティデザインなど領域の拡張も求められるようになりました。また、表現方法や対象も多様化し、それはメディア、バーチャル、事造りにまで及び始めました。
このような変化する多様性をもった日本の空間デザインが進化し続けるためには、分野を超えて、より多くのクリエイティブが触発し合い、新しい価値を創出する場が重要です。そこで、多様な空間に関わるクリエイティブが一同に会し影響しあえるアワードの必要性を強く感じるに至りました。

2019年DSA(日本空間デザイン協会) と、JCD(日本商環境デザイン協会) は、アワードを統合し、「日本空間デザイン賞」を創設いたします。
2つの協会のアワードはそれぞれ1966年と1974年に創設され、半世紀もの間、独自のカテゴリーを顕彰してまいりました。実績あるアワードを合せることで日本の空間デザインの世界をより強固なものにできると考えています。

これにより、名実ともに日本を代表する空間デザインアワードとなった「日本空間デザイン賞」は、 これまで以上に、空間デザインの発展に貢献して参ります。


日本空間デザイン賞とは

日本空間デザイン賞とは、日本で唯一かつ最大の空間アワードです。
社会が複雑化するなかで、デザインの役割は様々な課題と直面しています。そして、デザインは今までにはなかった新しい切り口がますます必要とされるようになり、様々な空間の価値を構築していくことが求められています。日本空間デザイン賞は業界全体を巻き込む仕組みづくりをし、発見と創造のある、より良い循環と活動を創り出します。
日本から優れたデザインを定期的に発信し、世界に向かって評価や価値を高めていくことで「空間デザインのちから」を伝えることを目指します。

ビジョン

空間デザインの新しい価値を導き出し、創造的な社会を構築していくことで、人々の生活や、社会への豊かさに繋げていきます。

目的

卓越したデザインや優秀なデザイナーを発掘し、それを世界へ発信していくことで、空間デザインの新しい可能性を拡げます。

募集要項

※詳細は2019年2月頃更新予定です。

 
応募カテゴリー
  • 1.エキジビジョン、プロモーション空間
  • 博覧会、展示会、見本市、コンベンション、展覧会などプロモーション展開、イベント、キャンペーンなど

  • 2.ショーウィンドウ&ビジュアルデザイン空間
  • ショーウインドー、インストアディスプレイ、フロアディスプレイなど広告ディスプレイ、POP、サイン、グラフィックディスプレイなど

  • 3.エンターテインメント&クリエイティブ・アート空間
  • 映像や光の演出による空間コミュニケーション、インタラクティブアート、インスタレーション、モニュメント、オブジェ、グリーンディスプレイ、パレード、アトラクション、舞台等の演出

  • 4.ショップ空間
  • 物販店、ファッションショップ、スペシャリティストア、ショールーム、デリ・フードショップなど

  • 5.食空間
  • レストラン、カフェ、バー、和食店、フードコートなど

  • 6.大規模商業空間(又は、複合施設空間)
  • ショピングセンター、百貨店、モール、アウトレット、エキナカ、フードコンプレックス、アミューズメント、シネコンなど

  • 7.サービス・ホスピタリティー空間
  • ホテル、旅館、リゾート環境、ウェディング施設、セレモニーホール、美容室、スパ・エステサロン、フィットネスなど

  • 8.博物館・文化空間
  • 博物館、科学館、美術館、資料館、ホール、街づくりなどの文化交流空間、ミュージアム、シアター、コンサートホール

  • 9.公共生活・コミュニケーション空間
  • スポーツ施設、病院、クリニック、学校、保育園、福祉施設、工場、倉庫、寺院、駅舎、エアポート施設、図書館、会館、役場など

  • 10.オフィス空間
  • オフィス、ワークスペース、スタジオ、ロビー、エントランス、会議室など

  • 11.住空間
  • 住宅、集合住宅、集合住宅のパブリックスペース、モデルルーム、シェアハウス、サービスアパートメント

募集対象

2018年5月1日から2019年4月30日までに実現した作品

審査基準
  • 時代性
  • トレンドを反映し、空間デザインによって社会に変革をもたらしている作品。時代を先取りした表現など。

  • 創造性
  • アイディア溢れるクリエーションが行われ、構想力に秀いでた作品。

  • 社会性
  • 社会性や地域の特性を意識し、環境との調和に配慮されたデザイン。ユニバーサルデザイン、サスティナビティーが強く考慮されているデザイン。など社会的な影響力が高い作品。

  • 文化性
  • 国、地域の歴史・文化を捉えたり、モノ、コトを効果的に伝えるなど文化的なメッセージを発する作品。

  • 意匠性
  • 美しさの表現に秀逸、新しい表現方法を用いている、などデザイン性に富んでいる作品。

  • 革新性
  • 今まで見たことのないデザイン、まったく新しいアイディアによって、イノベーションを起こした作品。

審査方法
  • 一次審査
  • インターネット上で審査します。 全ての応募作品の中からLong Listを選出します。
    結果は応募者全員にメールで通知し、 HP上でも公開します。

  • 二次審査
  • インターネット上で審査します。11ジャンル×10作品を目安にShort Listを選出します。
    結果はLong List全員にメールで通知し、HP上でも公開します。
    Short Listに選ばれた作品は三次審査用にプレゼンテーションパネルを提出して頂きます。

  • 三次審査(公開審査)
  • 三次審査は公開とし、各11ジャンルよりそれぞれ[金・銀・銅]各1作品33点を選出します。
    結果はShort List全員にメールで通知し、HP上でも公開します。

  • ファイナル審査
  • 金賞11作品から[大賞]1〜3作品を選出します。
    発表は贈賞式で行います。

お問い合わせ

応募に関する問い合わせ

日本空間デザイン賞 応募事務局(JDN内)

kukan@japandesign.ne.jp

※対応時間 平日10:00~17:00

※お問い合わせについて、2月の詳細内容発表まで、お答えしかねる場合もございますので、
あらかじめご了承ください。