結果発表

最優秀賞

  • 「By」 廣瀬 雪(東北芸術工科大学)

    By

優秀賞

  • 「THE JAPAN CHAIR」 熊谷 有太郎

    THE JAPAN CHAIR

  • 「Tuo Bench」 廣瀬 雪(東北芸術工科大学)

    THE JAPAN CHAIR

  • 「AURORA アウロラ」 下里 修平

    AURORA アウロラ

奨励賞

  • 「RAMIFY」 熊谷有太郎

    RAMIFY

特別奨励賞

  • 「V-01 Stacking chair」 金木 喜之

    V-01 Stacking chair

主催者より

3回目となる今回は国内外から248点のご応募をいただきました。その内訳は国内から212点、海外16カ国から36点です。前回と比較すると総数は半減しています。原因は今回から設定した応募費用にあるのだろうと考えています。

できるだけ多くの方に飛騨の家具について知って参加いただきたいという思いで、前回までは応募費を設定していませんでした。一方、安易と考えざるを得ない提案も相当数あり、主催者としては数よりも質を高める方向に舵を切ることとし、応募者の皆様にご負担をお願いする判断といたしました。結果、期待通りの作品が集まったというのが審査員、外部アドバイザー全員一致した認識です。

学生を含む若い世代の皆様の参加が多かったことは変わりません。応募条件が変わりましたので前回までとの数字の比較はできませんが、新たなスタート地点として今回の応募には満足しています。

結果、今回の審査はこれまで以上に激戦となりました。前述したように作品全体のレベルが上がったことに加え、回を重ねたことで審査員の本コンテストへの認識も深まり、審査の議論に厚みがでてきたことも一因でしょう。

前回出すことができなかった最優秀賞を出せたことは本当に喜ばしいことです。しかも学生の方からの提案であり文字通り新たな世代との出会いを果たすことができました。また結果としてダブル受賞が2名生まれました。審査は応募者の個人情報を排除して行いますので、まさに実力の賜物でしょう。

最優秀賞とした「By」は、現代的なライフスタイルを反映した着眼点、それを受けた新しい家具のあり方の提案、そしてネーミングやプレゼンテーションのまとめ方を含めた総合力を高く評価しました。構造や強度というハードルはあるものの、製品化に向けたチャレンジ意欲を掻き立てる作品でした。

優秀賞の「THE JAPAN CHAIR」は、数々の名作椅子とは異なる独自の日本的な美しさを放ち、一次審査段階から注目されており最優秀を争いました。「AURORA」は背もたれに変化を付けることで2種類の身体の受け止め方を提供する安楽椅子で、複数を組み合わせることもできる可能性が評価されました。「Tuo Bench」は洗面スペースに求められる機能を盛り込んだ複合的な家具の提案で、審査後に応募者が「By」と同じと分かり驚きの声があがりました。

奨励賞として選出した「RAMIFY」は曲木を活用したシンプルな照明の姿が評価されました。こちらは優秀賞「THE JAPAN CHAIR」と同じ応募者によるものです。3本脚の意欲的な形状の椅子「V-01 Stacking chair」は作者の年齢から奨励賞ではなく特別賞として授賞させていただくこととしました。

石の上にも3年と申しますが、3回目にして本コンテストの個性、あり方が見えてきたようにも思います。応募作品にこめられた皆様の思いを受けとめ、入賞した各作品についての製品化を検討し、世の中に送り出していく努力を続けてまいります。今後も改善を積み重ねて、このコンテストがいつか国内外のクリエイターの登竜門となり、飛騨が家具づくりの一大聖地になることを目指して、努力してまいりたいと考えております。

最後になりましたが、ご応募いただいた皆さま、外部アドバイザーの皆様、取材いただいた報道の皆様、関わっていただいた皆様へ御礼申し上げます。ありがとうございました。

飛騨木工連合会

主催

協同組合 飛騨木工連合会