結果発表
2014/10/29 9:31

Tokyo Midtown Award 2014 デザインコンペ

応募作品数:1,429点(デザインコンペ: 1,072点、アートコンペ: 357点)
受賞作品数:14点(デザインコンペ:8点、アートコンペ:6点)
主催:東京ミッドタウン

グランプリ

和網
hitoe 榎本 大輔 横山 織恵
和網
作品コンセプト
魚やステーキ、野菜など毎日の食卓にあがる様々な焼き物に、彩りが感じられる模様が入ったらどうだろうか。味わいは、味覚だけでなく視覚でも感じるもの。日本ならではの和柄を焼き目にして和えることで、旬を楽しめたらいいなと思いました。普段と同じ食材でも、新たな味わいをつくり、個性的で美しい一品をお料理のレパートリーに加えられる、和の焼き網です。

準グランプリ

鎧カッパ
85 毎熊 那々恵 澤田 彩乃 杉山 理子 根津 唯
鎧カッパ
作品コンセプト
わんぱく盛りの子ども達に、雨にも負けず風にも負けず元気に外を走り回って欲しい。という思いを、勇ましく駆ける武士に重ねた、子ども用のレインコートです。これさえあれば雨の日だって元気にお外へ出陣できるはず!楽しい雨の時間を過ごして欲しいです。

優秀賞

kokki
山本 悠平
kokki
作品コンセプト
世界共通で認識される4種類の国旗を形取った器です。様々な国の料理を、様々な国の国旗に盛り付けることで、国境も文化も隔たりなく卓上で和えることができます。混ぜ合わさることで、普段口にしている料理、あるいは普段気にしていない国のアイデンティティーを意識できるかもしれません。

小山薫堂賞

origami tale
遠藤 可奈子
origami tale
作品コンセプト
「origami tale」は、折り紙と物語を和えた作品です。紙を折る事で、物語を追って展開していきます。紙という平面の物を折る事で立体へと変化させる。その変化の中に、いつもの折り紙とは違った驚きやわくわくした気持ちを感じてください。

佐藤卓賞

HARMONACA
wunit design studio 橋本&松井 橋本 莉緒 松井 美名子
HARMONACA
作品コンセプト
日本の伝統の和菓子であるモナカ。皮と中身というシンプルな構造から広がる味の可能性は無限大。そんなモナカをハーモニカにしてみました。見て食べて、味というハーモニーを奏でてみてください。

柴田文江賞

前田 紗希
作品コンセプト
姓は自分の人生を表す大切な印です。大好きな2人が結ばれ新姓になった時、旧姓も残せる印鑑をつくりました。2人の絆を目で感じられ、1つで2種類の判を押せるのでとてもスマート。通常の印鑑よりぐらつかず、しっかり押せます。婚鑑は、パートナーとのいままでとこれからを和える印鑑です。

原研哉賞

金継ぎ煎餅
泉 美菜子
金継ぎ煎餅
作品コンセプト
陶磁器の補修技術である「金継ぎ」と、お米が原料のお菓子「煎餅」。日本に馴染み深いこの二つを「和える」ことで、割れてしまった欠片をもう一度継ぎ直したような煎餅を作った。本来割って食べるはずのものが、既に美しく補修されている。元通り直すだけでなく、ものの価値をさらに高める金継ぎの特徴を生かした、ユーモアをまじえながらも上品に日本の魅力を伝えることができるお菓子である。

水野学賞

おみく枝
土屋 寛恭
おみく枝
作品コンセプト
「料理に小さな驚きをそえる。」
受験や部活を頑張る子どものお弁当に。おせちといった特別な料理に。誕生会などのパーティに。1つの楊枝がちょっとした驚きを与えます。