結果発表
2017/04/18 10:00

映像ミュージアム公募展「MEC Award 2017」

応募作品数:83点
受賞作品数:5点
主催:埼玉県

大賞

Time on canvas
大柿鈴子(東京藝術大学大学院 映像研究科 メディア映像専攻 修了)
Time on canvas
受賞コメント
今回このような賞をいただき、大変うれしく思う。現在、大学院を卒業して映像制作会社に勤めているが、学生時代に自分が制作したものを上司に見せると「お前の作品は金にならないな」と言われた。ただ改めて考えると、“金にならない”というのは、誉め言葉だったんだなと思う。これからも制作を続けて行きたい。
審査コメント
今回の審査はすごく大変だった。いい作品が多く、みな個性的で、それぞれの作品にこだわりがあり、審査員によって評価が真逆になることもあった。今回大賞を受賞した大柿さんの作品は、絵画から入っており、これまでにない手法で試行錯誤して完成度の高い作品になっている。別の所から入って映像を作りかえるような作品、まさにMedia Explorerというような側面を持つ作家が多く、とても満足している。たくさんの人に見てほしい。(四方幸子)

入選

愚図の底
片山拓人(東京藝術大学大学院 映像研究科 アニメーション専攻 修了)
愚図の底
星淵のほとり
白鳥蓉子、大島風穂
※白鳥が脚本・演出、大島が企画・撮影を担当
星淵のほとり
ラジオごっこ
寺澤佑那(東京藝術大学大学院 映像研究科 メディア映像専攻 修了予定)
ラジオごっこ
みなさんといっしょ
早川翔人(東京藝術大学大学院 映像研究科 メディア映像専攻)
みなさんといっしょ