ニュース
2017/07/06 16:00

【公募情報】次世代クリエイター支援プログラム「FUTURE CULTIVATORS PROGRAM 2017」応募受付中!

FUTURE CULTIVATORS PROGRAM 2017

次世代クリエイターを支援するプログラム第3弾「FUTURE CULTIVATORS PROGRAM 2017」が、参加者の公募を受付中だ。

本年で第3弾となる「FUTURE CULTIVATORS PROGRAM 2017」は、現代美術家の椿昇氏を講師に迎え、東京都内でのワークショップと京都でのフィールドワークを開催する。主催は外国たばこ「ナチュラル アメリカン スピリット」の販売促進を行うトゥルースピリットタバコカンパニー。

ワークショップでは「やわらかさの美学」をテーマとし、身体体験をともなう事で体感できるインスピレーションについて学ぶ。江戸の旅人が歩きながら書状をしたため、立ち止まってスケッチをしたように、日本の伝統的な創作方法を体験できるという。

2016年のワークショップの様子

2016年のワークショップの様子

また、ワークショップ参加者から選抜された8名を対象に、京都での1泊2日のフィールドワークも実施される。フィールドワーク参加者は作品制作をし、10月の作品発表会にて最優秀作品が選定、授与される。

講師の椿昇氏は、現代美術家で京都造形芸術大学芸術学部美術工芸学科教授。作家として精力的に活動しながら、アート教育や地域再生のアートプロジェクトに携わっている。今年は種子島宇宙芸術祭などに参加予定。アートプロジェクトを持続可能社会実現のイノベーションツールと位置づけ、長く取り組み続けているクリエイターだ。

椿昇氏

日本文化の根幹に触れ、自己のアイデンティティーと向き合いながら、国内外に通じるアーティストとしての能力を養うプログラム。本気でアーティストを志す人はぜひ参加を。

【公募概要】
・応募方法:公式ホームページ内のフォームより応募し、ポートフォリオを提出
・対象:次世代のクリエイターを目指す21歳以上の男女 ※職業、プロ・アマ経験は不問
・締切:7月17日(月)
・注意:公式ホームページに記載の注意事項を確認のこと
・公式ホームページ
http://futurecultivators.jp/3rd_program

【ワークショップ概要】
・日程:2017年8月19日(土)
・場所:青山安田ビルB1F(東京都港区)
・テーマ:「やわらかさの美学」
・講師:椿昇(現代美術家、京都造形芸術大学芸術学部美術工芸学科教授)

【フィールドワーク概要】
・日程:2017年9月2日(土)~9月3日(日)
・場所:京都各所(京都にて1泊2日)
・テーマ:「室町時代というシステム」
・講師:椿昇(同上)
※フィールドワークはワークショップの参加者15名から選考された8名を対象