ニュース
2017/06/26 10:34

【公募情報】「コクヨデザインアワード2017」審査員メッセージ公開中

KOKUYO DESIGN AWARD(コクヨデザインアワード)公式ホームページKOKUYO DESIGN AWARD公式ホームページ
http://www.kokuyo.co.jp/award/

6月15日から作品募集が始まった、「コクヨデザインアワード2017」。15回目の節目を迎える今年は“NEW STORY”をテーマに、「働く」「学ぶ」「暮らす」シーンにおける新しいストーリーを描く作品を募集している。審査員は、昨年に引き続き鈴木康広さん、植原亮輔さんと渡邉良重さん(ともにKIGI)、そして今年から新しく、川村真司さんと佐藤オオキさんが加わった。

現在、アワード公式サイトでは各審査員とコクヨ会長の黒田氏が応募者に向けたメッセージビデオが公開されており、今年のテーマである「NEW STORY」について次のように語っている。応募をお考えの方、あるいはアワードが目指すものに興味がある方は必見だ。

2017年テーマについて(メッセージビデオ抜粋)

植原亮輔さん
“はじまり”となるべくものを作れば、そこから習慣が生まれて、生活に根付いて、文化が生まれる。“はじまり”となる新しいジャンルをつくるようなアイディアを期待している

佐藤オオキさん
日常、パーソナルなことでいいと思う。でも少しでも多くの人に共感してもらえる、広がりのあるストーリーを期待している

渡邉良重さん
あるだけで日常の楽しさが上がる、人の気持ちを動かすものを作ってほしい

コクヨ代表取締役会長 黒田さん
近年のテーマは「美しい暮らし」「HOW TO LIVE」と、アワード開始当初よりテーマが難しくなってきたが、見事にテーマを体現するアイディアが応募されてくる。進化を続けているように思う。今年はさらに一歩進んだテーマ。機能が分かりやすいだけではなく、感性を作品に表わしてほしい。

コクヨデザインアワード2017 審査員
http://www.kokuyo.co.jp/award/2017/judge/

【コクヨデザインアワード2017 概要】
・テーマ:NEW STORY
※募集対象分野は身の回りにある文房具、家具、生活用品など
・募集期間:2017年6月15日~8月31日 12:00(日本時間正午)
・審査員
 植原亮輔(KIGI 代表)
 川村真司(PARTY NY 代表)
 佐藤オオキ(デザインオフィスnendo 代表)
 鈴木康広(アーティスト)
 渡邉良重(KIGI)
 黒田章裕(コクヨ株式会社 代表取締役会長)

募集要項
http://compe.japandesign.ne.jp/special/2016/04/28188/