ニュース
2017/05/17 12:12

【公募情報】Unity、ゴーグル型デバイス「HoloLens」を利用した新ゲームの開発コンテストを開始

Unity - HololendsDevContestUnity社のHololendsコンテスト公式ページ
https://unity3d.com/jp/partners/microsoft/hololens-contest

統合ゲーム開発環境ソフトウェア「Unity」(ユニティ)が、ゴーグル型デバイス「Microsoft HoloLens」(マイクロソフト ホロレンズ、以下 HoloLens)を利用した新規ゲームを募るコンテストを開始している。

Unityとは、コンピュータゲームの開発環境。世界で100万人以上の開発者が利用しているメジャーなソフトウェアで、ウェブ、デスクトップ、ゲーム機など多彩なプラットフォームへ展開できる。

HoloLensはMicrosft社が開発したウェアラブル機器で、現実空間にホログラムのデジタル表現を重ねることができる。ジェスチャーや視線、音声などで操作でき、今後の可能性が期待されるデバイスの一つだ。

HoloLens in ISS

HoloLensはNASAでも検証が進んでいる。画像は国際宇宙ステーションでの試用風景。宇宙飛行士訓練での検証には、日本人宇宙飛行士の金井宣茂さんも参加した。(Image Credit:NASA)

Unityは5月10日から、このHoloLensを活用したアプリのコンテストを開始した。最高賞受賞者には10万米ドルとHoloLens開発キット、1年間のUnity Proサブスクリプションライセンスが贈られる。

コンテストに参加するためにはまず、企画案をコンテストサイトのウェブフォームから提出。すべての企画案はUnityとMicrosoftがレビューし、最終的に10名の候補者が選ばれる。最終選考に残った候補者は、HoloLens開発キットを購入の上アプリを開発して提出し、最終審査を受けることとなる。受賞発表は11月の予定。(詳細はコンテスト公式サイトで要確認)

Unity開発者にとって、アイデアと情熱を世界にぶつけるビッグチャンスだ。最初のステップである企画案の応募は、6月10日まで。

コンテスト公式ホームページ(Unity)
https://unity3d.com/jp/partners/microsoft/hololens-contest