ニュース
2017/04/26 9:15

【イベント】アートフェスティバル「SICF18」、5月2日(火)より東京・南青山「スパイラル」で開催

SICF18展示作品(左上)「SICF17」会場風景 [撮影 市川勝弘]
(右上)「SICF18」B 日程 SENSESCAPE DESIGN Lab. 作品
(左下)「SICF18」A 日程 山田勇魚 作品
(中下)「SICF18」C 日程 音鼓子 作品
(右下)「SICF18」C 日程加藤千佳 作品

公募によって選ばれた気鋭の若手クリエーターが一堂に会する、ゴールデンウィーク恒例のアートフェスティバル「第18回スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル(SICF18)」が、5月2日(土)~7日(日)の日程で開催される。会場は東京・南青山の複合施設「スパイラル」。SICFでは、絵画、立体・インスタレーション、写真、メディアアート、ファッション、工芸やそれら既存のジャンルにとらわれない作品が展示され、活発なプレゼンテーションが展開される。

18回目を迎える今年は、出展クリエーター数を従来の100組から150組に拡大、3会期6日間となった。さらに、公募形式のパフォーマンスプログラム「SICF18 PLAY」を新たに実施。若き才能が、直径10mの円形空間を舞台に20分以内で自由に表現する。

開催期間中は、「SICF」に関連したワークショップやトークプログラムも開催されるほか、MINA-TOでの「SICF」過去出展者による作品の展示・販売、前年の受賞者が作品を展示する「SICF17 受賞者展」を同時開催するなど、若手クリエーターの瑞々しい感性がスパイラル館内を彩る。

毎年アートファンをはじめとし、コレクターやギャラリスト、バイヤー、編集者等を含む3000名を超える来場者がある。会期の最後には、来場者の投票によって決まるオーディエンス賞と、審査員によるグランプリ、優秀作品賞をはじめとした各賞が授与される予定だ。

大田佳栄(スパイラルチーフキュレーター)さんのコメント
スパイラルでは、20回目を数年後に控えたSICFを通じて、これまで以上に「さらにその先」に注目をしていきたいと考えています。
目に見える結果としての作品のクオリティはもちろんのこと、作家としての思想、制作背景、他者への伝え方などを含めた総合的なパフォーマンス力のある、未来の第一線を行くアーティスト・クリエーターの皆さんに出会えることを楽しみにしています。

●日程
2017年5月2日(火)~5月7日(日) 11:00~19:00
・A日程:5月2日(火)~3日(水・祝)
・B日程:5月4日(木・祝)~5日(金・祝)
・C日程:5月6日(土)~7日(日)

※会期中無休
※各日程ごとに50組のクリエーターが参加

●会場
東京都港区南青山5-6-23
「スパイラル」3F スパイラルホール、1F スパイラルガーデン、MINA-TO
http://www.spiral.co.jp/

●入場料
スパイラルガーデン、MINA-TO:入場無料
スパイラルホール:一般(一日券)500円、 一般(通し券)1,000円
※学生は「Facebook」 「teittwer」に「いいね!」または「フォロー」でスパイラルホール の入場料が無料(要 学生証提示)

●主催、企画、デザイン
主催:株式会社ワコールアートセンター
企画制作:スパイラル
グラフィックデザイン:日本デザインセンター 大黒デザイン研究室

公式ホームページ
http://www.sicf.jp

SICF18 出展者150組の一覧(公募により選出)
http://www.sicf.jp/information/sicf18.html

SICF18 PLAY 出演者17組の一覧(公募により選出)
http://www.sicf.jp/information/03-sicf18-play.html

SICF18 公募時の募集要項
http://compe.japandesign.ne.jp/sicf-2017/
http://compe.japandesign.ne.jp/sicf-play-2017/

関連記事