あと103

第20回 長塚節文学賞

締切
2017年09月04日 (月)
作品提出・応募締切、必着
【短編小説】
●大賞(1点) 賞状、賞金20万円、記念品、特別賞
●優秀賞 賞状、記念品
●佳作 賞状、記念品
●奨励賞 賞状
【短歌・俳句】
●大賞(各1点) 賞状、記念品、特別賞
●優秀賞(各5点) 賞状、記念品
●佳作(各20点) 賞状、記念品
●入選(各74点) 賞状
※大賞受賞者が未成年の場合は、同額の商品券等を贈呈
募集内容
自作未発表の短編小説・短歌・俳句
提出物
【短編小説】
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
※以下の事項を記入すること
住所・氏名・年齢・性別・職業(学校名・学年)・電話番号・確約書欄に記名・押印
●作品
※400字詰原稿用紙21~50枚(あらすじ含まず)、縦書き
※ワープロ原稿は20字×20行
※手書きの場合は、黒または青のボールペンで清書のこと
●800字程度のあらすじ
※原稿には通し番号をいれること
※応募は一人1編まで
●応募料(無記入の郵便小為替)
【短歌・俳句】
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
※漢字にはふりがなをつけること
※応募は、一人2首(句)まで
●応募料(無記入の郵便小為替)
参加方法
提出物を下記提出先まで郵送、もしくは持参
参加資格
不問
参加費
応募料
短編小説・短歌・俳句とも、1編・1首・1句につき1000円
※小中高校生は無料
審査員
【短編小説部門】
高橋三千綱(作家)
堀江信男(茨城キリスト教大学名誉教授)
成井惠子(元茨城女子短期大学准教授、評論家)
【短歌部門】
秋葉四朗(「歩道」編集長)
大島史洋(「未来」編集委員・選者)
米川千嘉子(「かりん」編集委員)
【俳句部門】
今瀬剛一(「対岸」主宰)
嶋田麻紀(「麻」主宰)
青木啓泰(「亞」代表)
結果発表
2017年12月下旬、公式ホームページにて
著作権の扱い
入選作品の著作権は常総市に帰属
主催
茨城県常総市、節のふるさと文化づくり協議会
提出先・問合先

〒300-2793
茨城県常総市新石下4310-1
常総市教育委員会生涯学習課
「長塚節文学賞」 TR係