募集終了

富山デザインコンペティション2016

若手デザイナーの登竜門である「富山デザインコンペティション」は、企業とデザイナーとの共創の場として多くの実績をあげ、これまでに応募作品から30点以上を商品化しました。23回目の開催となる今年度のコンペテーマは、「欲しい!共感するプロダクト」。「富山で生まれる、次のデザイン」を実現するプロダクトを募集します。

締切
2016年07月22日 (金)
作品提出・応募締切、17:00必着
●とやまデザイン賞(1点) 副賞50万円
●準とやまデザイン賞(1点) 副賞30万円
●黒木靖夫特別賞(1点) 副賞10万円
募集内容
テーマにそった国内外未発表のプロダクト
【テーマ】
「欲しい!共感するプロダクト」
必要なものやサービスが容易に手に入るいま、「本当に欲しい」と感じる瞬間はありますか?
消費者は、作り手の新たな視点や着想力、深いこだわりに共感したとき「本当に欲しい」と感じるのではないでしょうか。
新たなアイデアや素材・技術から生活を再考し、デザインで喜びや感動を与え、「欲しい!」という衝動にかられるようなプロダクトを募集します。
提出物
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
※作品シートの裏面に貼り付けること
●作品シート
A3用紙(420×297mm)縦1枚(片面)に下記の必要事項をまとめたもの
・作品タイトル
・一般名称
・コンセプト
・考察( テーマをどのように捉えたか)
・全体図(レンダリング)
・寸法
※ボードなどには貼りつけず、折り曲がらないように厚紙などとともに封入すること
※詳細は公式ホームページを確認
参加方法
公式ホームページの応募フォームより
※2次審査会あり
参加資格
不問
※2次審査会(10月1日)に出席可能な方
参加費
無し
審査員
安積 伸(プロダクトデザイナー、法政大学 教授)
川上典李子(デザインジャーナリスト)
鈴木マサル(テキスタイルデザイナー、東京造形大学 教授)
結果発表
2016年10月1日、2次審査会にて発表
著作権の扱い
全て応募者に帰属
主催
デザインウエーブ開催委員会(富山県、富山市、高岡市)
提出先・問合先

〒939-1119
富山県高岡市オフィスパーク5番地
富山県総合デザインセンター内
デザインウエーブ開催委員会事務局
tel : 0766-62-0510 / fax : 0766-63-6830
mail : dw@toyamadesign.jp